≪七夕・織姫・彦星≫の子供に分かりやすい教え方!

と言えば、年に1度織姫と彦星が会える日です。
なんで年に1度しか会えないのか?なんでその日に願い事を書いた短冊を飾るのか?

子供に伝えることができるように勉強していきましょう♪

スポンサーリンク

まずは七夕について整理しましょう! 「七夕の起源は?」

hohewqもともと日本にあった神事「棚機(たなばた)」と、彦星・織姫の伝説。そして中国のお祭り「乞巧奠(きこうでん)」が元となって、願い事を「短冊」に書いて笹に飾る行事に変化していきました。もともとは7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったそうです。

元となった2つの行事ですが、日本の神事「棚機(たなばた)」は、稲の開花の時期に合わせて選ばれた乙女が、着物を織って棚に供え、神に秋の豊作や、人々の健康を祈っていた神事です。

中国の「乞巧奠(きこうでん)」は針仕事をする女性たちが織姫星にあやかって、はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれ、庭先の祭壇に針などをそなえて星に祈りを捧げました。やがてはた織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになったそうです。

 

子供にはどんな風に教えたらいいのか?

hoedfwまずは、簡単に織姫・彦星のお話を♪

昔々、天の川のほとりに織姫というとても織物が上手な娘が住んでいました。織姫は天の神様の娘で、天の神様はとても織姫を可愛がっていました。

やがて、年ごろになった織姫にお婿さんを探すこととなりました。

そこで神様は、天の川の対岸に住んでいた彦星を織姫に会わせました。彦星は働き者の牛使いでとても真面目な青年と噂になっていたからです。2人はすぐに恋におち、結婚することになりました。

しかし、結婚してからというもの2人は夫婦仲が良すぎて……あんなに真面目に働いていた2人でしたが仕事をさぼって遊んでばかりいるようになりました。

それに怒った神様は2人を引き離したところ、今度は悲しみにくれて泣いて仕事になりません。

かわいそうに思った神様は、頑張って仕事をしたら年に1度会うことを許してくれたのです。それが7月7日「七夕の日」。カササギの翼に乗って川を渡り2人は会うことができるのです。

スポンサーリンク

七夕を子供に教える為のFAQまとめ!

jphegrw
hglwgwq「なんで願い事を書くの?」

ngsgw昔の人が字や習い事が上手になりたいって書いてお星様に願ったんだよ。
それが今でも受け継がれていて、七夕には短冊に願い事を書いて笹に飾ってお星さまにお願いするんだよ。

 

blgwgwgw「いつ飾るの?」

ngsgw今は長い期間飾っている場合もおおいけど、もともとは6日の夕方に軒先に飾って、7日の夜には外すんだよ。
書いた短冊は天の神様に読んでもらえるように、神社で燃やしてもらうんだよ。

 

hglwgwq「なんで笹に飾るの?」

ngsgw笹の葉が生える竹はまっすぐに伸びるから、天の神様に願いが届きやすいからだよ。

 
最期に
幼稚園や保育園で短冊に願い事を書いて飾ることはやりますが、もともとの意味や、なんでやるのか?と言うところまではやっている大人もわかってない部分があるのかもしれません。

子供に聞かれたときに簡単に説明できるよう、日本にはいろんな節目の行事があるので、その由来を知ろうとすることは、日本の伝統に触れるいい機会になると思います。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ