2015年七夕を楽しめ!七夕に食べる食べ物って何ッ?そうめん?

誰もが知っている‘七夕伝説’。この話のおこりは中国ですが、日本でも古くから行われているお祭り行事です。nl;fbs織姫と彦星の再会を望み、またその望みに自らの願いを込めて、天の川を見上げる人たちがたくさんいることでしょう。
織姫と彦星のロマンティックな恋物語とともに、歴史風習も知ってみるとさらに深く七夕を感じることができるはず!

スポンサーリンク

七夕に食べる食べ物って何?!

七夕の行事食といえば、そうめん!中国から伝来したとされますが、当時は病よけとして、家族の安全と健康を祈り索餅という油菓子が供えられていました。その後、各地方の風習が重なってそうめんを食べるようになり、豊作や健康を願う親しみやすい行事となりました。pjgfddd

 

七夕の由来は?いつから?

日本の歴史書である古事記には、着物などを織る女性を指す言葉として、「たなばた」が使われ、その頃は「多那婆多」と書き記されていました。さらに、多那婆多の上達を願う祭りで使われていた織機が「たなばた(棚機)」と呼ばれていたという記録もあります。

織姫というのはそこから来ているような気がしてきますね。
また一方では、明治時代まで七夕をお盆行事の一環として考えられていたとされる説もあります。
ご先祖様の霊をお迎えするために精霊棚と仏教道具である幡を用意する日とされ、「たなばた(棚幡)」と呼んでいる地域が今でもあります。

スポンサーリンク

夏の風物詩!そうめん!

そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てて、七夕にちなんだトッピングをしてみるのもいいかもしれません。
オクラやにんじん、きゅうりなどを星の形で抜いてみると、とても華やかな星空の完成!野菜だけではなく、好きな食材を星形に抜いてみるのもおすすめです。大好きな食材でためしてみましょう。

また、そうめんは一般的に白ですが、色がついているものもあります。
竿竹に飾る短冊が五色なのは、陰陽五行説の厄除けの意味が込められています。

赤や黄色など数種類だけでもそうめんの雰囲気が変わります。扱いかたはどの色のそうめんも同じなので、一緒に食べてみるのはいかがでしょうか。そして、笹を飾るとぐっと見た目が変わります!目にも、口にも、美味しいそうめんを召し上がれ~!

 
最後に
nl;fbs織姫と彦星は七夕に会えることを楽しみに、天の川の両岸で瞬いているのかと思うと、とても素敵ですね。‘年に一度しか会えない’という特別なものとして、最近は恋人たちの日と考えられているようにも思うと、ずるずるっと呑気な顔してそうめんをすすっている場合ではありません!さぁ、ロマンティックな七夕を♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ