お年玉は何歳から何歳まであげるべき?いつからいつまで?

子供の頃、お正月になると多くの親戚からお年玉をもらえてうれしかったですよね。

しかし、大人になると今度はあげる側になり、少々お財布が苦しいことにもなります。

あげる金額や子供の数など、悩ましい問題ですよね。

ではそもそも、お年玉は何歳からあげるべきなのでしょうか?

%ef%bc%91

一般的にはどうしているのかまとめてみました!

スポンサーリンク

お年玉は何歳から何歳まであげるべき?いつからいつまで?

%ef%bc%92

お年玉というとやはりお金なので、だいたい3、4才程度から高校生くらいが一般的なようです。

あまり小さな子供にお金をあげても意味がありませんし、おもちゃやお菓子などをあげた方が喜ばれそうですよね。

相場としてはだいたい幼稚園児(3〜6才)までが500円小学校低学年(7〜9才)が1,000円小学校高学年(10〜12才)が3,000円中学生が5,000円前後高校生が5,000〜1万円程度のようです。

また、入学祝いなども含めて、大学生でもお年玉をあげている人もいるようですから、これは地域や親戚付き合いなどに合わせて臨機応変に対応しましょう。

人によっては、学生まではあげるという感覚の人もいますからね。

ただし大学生になると、お年玉というよりはお祝い金としての意味合いが強くなりますので、それだけ頭に入れておきましょう。

 

お年玉の使い方や親の管理について

%ef%bc%93

お年玉もたくさんの人からもらうと、それなりの金額になります。

そこで問題になってくるのが、もらったお年玉を誰が管理するか、ですよね?

① 子供に管理させる

まず、もらったお金は親ではなく、本人にきちんと管理させるべきという方法があります。

これは、幼い内から正しい金銭感覚をつけさせるためという理由があるようです。

親がすべて預かるのではなく、子供と一緒に貯金に行き、いくらお金を持っていて、使う分と貯金する分を分ける習慣をつけさせることが大切です。

②親が預かる

子供が小さい頃は、やはり親が預かることが多くなりますよね。

ただし、ある程度の年齢になると、子供によっては自分のお金を親が管理していることに疑問を抱くこともあるようです。

そんな時は、

・取るのではなく、預かっておくということを理解できるように伝える
・子供が使いたい時は、何に使いたいのかを聞いた上で渡す


ことを意識しましょう。

使いたい時にはちゃんと使えることで、子供に「親に取り上げられた」と思わせないことが大切です。

また、預かると言ってもあくまでお年玉はもらった子供のものですから、勝手に生活費に充てたり、自分用に使ったりしないようにしましょう。

これは相手が子供であっても守るべきことです。

ある程度子供が大きくなって、金銭感覚をつけさせたい、金銭感覚がついてきたと感じたら、徐々に子供に管理させるのも方法の1つでしょう。

大切なのは、もらったお金を必要な時に使えるようにしておくこと、そしてお金の大切さを子供に理解させることです。

スポンサーリンク

お年玉をあげる事をやめる時の対処法!もらう気満々の子に対して…。

%ef%bc%94

子供が大きくなると、どこかでお年玉を止めるタイミングが訪れます。

でも、毎年あげていたものをやめるのは、なかなか難しいですよね。

しかし、子供もいつまでも子供ではありません。

お年玉をやめる年齢は一般的に大学生からが多いので、「大学生になったから」「もう大人だから」という明確な理由をつければ、スムーズにお年玉をやめることができます。

20才という年齢でやめるか、大学生になった時点でやめるか、就職したらやめるか、自分の中でルールを作っておくとよいでしょう。

高校を卒業して働き始めたら、未成年でも社会人なのでお年玉はやめるとう人もいるようです。

 

お年玉をもらう立場からあげる立場にならなきゃ!

%ef%bc%95

子供の頃はお年玉をもらう側でしたが、だんだん大きくなり、大学生や社会人になると、今度はあげる側に立つことになります。

親戚の子供や兄弟、いとこの子供など、付き合いによってあげる子供の多い少ないはありますが、気持ちの切り替えは必要です。

まだ社会人になりたての頃は大変でしょうが、あげる人数や年齢に応じて、失礼の内容に振る舞いたいものですね。

そのために、これまでご紹介したお年玉の相場あげる年齢を参考にしてみてくださいね。

 
最後に
%ef%bc%96

お年玉をもらうのはうれしいことですが、あげる側はなかなかな大変だということがご理解いただけたでしょうか?

子供がもらっているとお返しもありますし、なかなか出費が大変ですよね。

自分のルールと相手のルールの兼ね合いもありますから難しいところですが、お財布と相談しながら、上手にお付き合いをしていきたいものですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ