去年の余った年賀状の処分する方法!郵便局で交換!払い戻しは?

去年の余った年賀状の処分する方法!郵便局で交換!払い戻しは?

今年もいよいよ年賀状の販売が始まります。

毎年年賀状の季節になると書き損じ急な人数追加等のために多めに余裕をもたせて購入する方が多いですよね。

しかし、それが原因で年賀状が余ってしまうなんてこともよくあることの一つです。

そこでみなさんは去年の余った年賀状はありますか。

もう処分した方はどのように処分されましたか。

もし捨ててしまったという方はぜひ次回から他の方法を試してみましょう。

捨てるだけでは損です。

ここでは余った年賀状の処分の方法をお話しします。

スポンサーリンク

去年の余った年賀状の処分する方法!捨てるだけですか?

まず一般的なのは郵便局で交換する方法です。

一定の条件さえ満たせば書き損じた年賀状も含め交換することができるのです。

交換できる年賀状はいつ購入したものでも構いません。

期間が決められているものではないので、去年のみならず、その前の年に購入し利用しなかったものでも大丈夫です。

%ef%bc%91

郵便局で交換できるものは

• 通常切手
• 通常ハガキや往復ハガキ
• 郵便書簡
• 特定封筒(レターパック封筒)


になります。

ただし、料金を示す箇所が著しく損傷しているもの(破れていたり、汚れているもの)の場合は交換することができないので注意しましょう。

また、交換するには払い戻し手数料がかかります。

こちらは1枚につき5円になります。

1枚5円という手数料はかかりますが、捨てるより断然お得です。

もし、家の中に去年以降の年賀ハガキがあるというみなさん、ぜひ郵便局に行って交換してみましょう。

また、余った年賀ハガキを懸賞等を応募するハガキに使用するという人も多いです。

懸賞が欲しいために何枚もハガキを使う方がいると思いますが、改めて新しいハガキを買うのではなく、この余った年賀状を再利用してはいかがでしょうか。

もし何かおめあてのものがあるのであればとても良い方法ですよ。

 

今年の年賀状に交換はできる?

%ef%bc%92

結論から言えば、去年の余った年賀状は今年の年賀状に交換はできません

残念ながらその年賀状の販売期間をすぎていますので、今年の分と交換はできないことになっています。

ただし、今年の年賀状を書き損じてしまった場合で、まだ年賀状の販売期間中であれば今年の年賀状に交換することができます

この際も払い戻し手数料が1枚につき5円かかりますが、改めて買うより安いですよね。

年賀状の販売期間はだいたい10月末から1月初旬になります。

年賀状を書き損じたために枚数が足りなくなった場合のためにもこのルールを覚えていくといいでしょう。

しかし、今年の年賀状を購入後、もし近親者のご不幸があり利用しなくなった場合は、無料で通常切手等に交換することができます。

この場合は速やかに郵便局に行きましょう。

ただ、こちらも年賀状の販売期間内での交換が無料となります。

販売期間を過ぎてからの交換だと払い戻し手数料が必要になるのでご注意ください。

さらに、この場合は郵便局備え付けの請求書にて申し立てをしなければならないので、直接郵便局の窓口にいくか、電話等で確かめてから交換の申し立てをすることをおすすめします。

スポンサーリンク

払い戻しは?

現金に払い戻すことはできません。

郵便局では、年賀状を現金化することはできないので、上述した通り、他のものとの交換になります。

といっても、もし去年の余った年賀状が10枚あった場合、10×5円=50円で、同じ枚数の今年の年賀状が手に入るので、郵便局に行くという手間がかかっても交換したほうが経済的にお得でしょう。

裏技として金券ショップに持っていく方法もあることはありますが、たいていの金券ショップは書き損じたものや期間を過ぎた年賀ハガキの買い取りをしていないことの方が多いので、それもなかなか難しいでしょう。

 

寄付もできます!

他の余った年賀状の他の使い道はズバリ、寄付をすることです。

みなさんは書き損じたハガキや余ったハガキをを寄付することができることをご存知でしたか。

ユニセフをはじめとした色々な民間企業や団体、NPO法人は書き損じたハガキや余ったハガキ(もちろん年賀ハガキを含む)を寄付として募っています。

その方法はいたって簡単で、みなさんが寄付を行いたい団体へ書き損じたハガキ等を送るだけです。

その後送られた団体がそのハガキを現金化して色々な場所へ寄付をしているのです。

郵便局に行くには手間がかかるし、払戻し手数料も支払うのは面倒くさいと思うのであれば、ぜひ寄付をしてみましょう。

これは現金で寄付するよりも手軽にできる寄付の方法です。

ぜひ寄付をして社会貢献をしてみましょう。

 

最後に

%ef%bc%93

今まで、色々と余った年賀状の処分の方法をお話ししました。

余った年賀ハガキを家の中で眠らせておくのはもったいないです。

もうすぐ今年の年賀状の販売も始まりますので、これを機にぜひ、余っている去年の年賀状があるかどうか確認してみてください。

もしある場合は郵便局に行ってみましょう。

払い戻し手数料を支払うだけで簡単に他のものに交換できますよ。

何に交換したらいいのか迷っている人は切手に交換することをおすすめします。

手紙を出すときにはもちろんのこと、ゆうパック等にも使えるので使い道がたくさんあります。

ぜひ余った年賀状は捨てるのではなく、再利用を!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ