年越しそばの本当の食べる時間や意味・由来を知ってる?年明けうどん?

年越しそばの本当の食べる時間や意味・由来を知ってる?年明けうどん?

年末年始のお楽しみ、年越しそば

寒い中で食べる年越しそば家族とこたつで食べる年越しそばお蕎麦屋さんで食べる年越しそば

食べながらも一年の出来事を思い出し、一抹の寂しさを感じる人一年をやり遂げた達成感を感じる人来年もがんばろうと意気込む人、その人なりの、それぞれの年越しそばの食べ方や思いがあることでしょう。

でも、なぜ年を越すときにおそばを食べるのでしょうか?

今日は、年越しそばいついてまとめてみました。

スポンサーリンク

年越しそばの意味・由来は?

年越しそばは、庶民の風習として江戸時代中期にはすでに定着していたようです。

さらにさかのぼると、鎌倉時代には貧しい人たちにお寺がそば餅(※そばがき・粥など諸説あり。)を配り、そのそば餅を食べた人に幸運が続いたため、その後毎年食べられるようになったということが起源です。

このように年越しそばは長い歴史がある食文化なのですが、これの由来には他にも様々な説があります。

●そばが他の麺類と比べて切れやすいから、「一年の災厄を切る」という意味で食されるようになった

●そばが細く長いことから、長寿を祈った

●金銀細工師が、金箔を伸ばすためにそば粉を使っていた、または、金粉や銀粉を集めるために、そば粉を丸めたものを使っていたことから、「金を集める」となり、そばは金運をよくするとして縁起物となった

●そばの栽培は天候に左右されにくいため、縁起物とされた

●江戸では白米の流行により脚気が流行していたが、そばに含まれるビタミンB1が脚気に効くことから、当時の人たちはそのメカニズムには気づいてはいませんでしたが、「そばを食べると脚気が良くなる」と、健康に良いそばを食べて新年を迎えようという風習がひろまった

古人の知恵や、生活、縁起を担ぐ心の様子などを知ってから食べる年越しそばは、これまでよりも楽しくありがたいものに感じられそうです。

%ef%bc%91

 

年越しそばの食べる時間は?

由来や年越しそばの持つ意味からみると、「一年の災厄を断ち切る」ために食べるので、年内に食べきるのが本来の姿なのでしょう。

皆さんのご自宅では、いかがでしょうか。

紅白歌合戦を見ながら夜中に食べる場合や、夕ご飯として食べるお宅があると思います。

けれど、この「年越しそば」という名前をみると、どうも「年を越しながら食べる」という意味にも感じます。

しかし、年が明けてから食べる年越しそばは、「災厄を新年に持ち越す」ことになってしまうので、意味合いから行くと、年内に食べきるもののようです。

%ef%bc%92

しかも、年内に食べきれないと、災厄を新年に持ち越すことになって、縁起が悪いとか。

年越しそばを食べる時間を統計で見ると、日本人の約半数が夕ご飯の時間帯に食べて、残りの半数が年を越す直前に食べているようですよ。

 

スポンサーリンク

年越しうどん?うどんではダメ?

四国などに行くと、実際に年越しうどんを食べる地域もありますし、「年越しそば」が、年越しを実感するための儀式と思えば、年越しの際にうどんを食べることは全くダメではありません。

細く長いものを食べることで長寿を祈るのでしたら、それがそばでもラーメンでも、うどんでも、スパゲッティでも何でも問題なしです。

特に、そばアレルギーの方は絶対に避けなければいけないものなので、そばにこだわらず、細く長いもので、自由に演技を担いでいただきたいと思います。

%ef%bc%93

 

年明けうどんって?

年明けうどんとは、全国製麺共同組合連合会、さぬきうどん振興協議会、本場さぬきうどん協同組合年明けうどん普及委員会が2009年から提唱している取り組みです。

年越しそば同様に国内で定着することを狙っていて、今後の新たな食文化としての広がりや普及に力を注いでいます。

まだ始まって10年も経っていませんので、少しずつ認知されているところといった様子ですが、恵方巻の時のように一度広まると定着するまでは時間がかからないと思います。

年明けうどんにの意味付けは、「純白で清楚なうどんを年の初めに食べることで、その年の人々の幸せを願うもの」で、うどんに赤いものを添えて、元旦から1月15日までに食べるものとしています。

白いうどんに一つ赤い具材を乗せたシンプルなうどん。

ご家庭でも簡単に作れますので、お正月の御馳走で持たれがちな胃を休めるためにも、一度取り入れてみるのもいいですよね。

%ef%bc%94

 

最後に

年越しそばについて、掘り下げてきましたが、いかがでしたか?

知ってるようで知らなかった「年越しそば」の知識、歴史が深くてなかなか面白いものです。

また、新しく広まりつつある「年明けうどん」の普及も応援していきたいと思いました。

今度の年末年始は、年越しそばに、お節料理に、年明けうどんで、災厄を振り切り、縁起を担ぎ、豪華にかつ厳かにゆく年くる年を過ごしたいものです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ