カブトムシの採集にベストな時期はいつ?採集できる場所と木の種類!

夏だ!昆虫採集!
カブトムシにクワガタ(*^_^*)
最近では、売られるようになってきてしまいましたね。なかなか見かけることも少なくなり。
夏祭りの際に、屋台で販売されているときも(*^_^*)image1でも!今年の夏は、「カブトムシ」を「いつごろいるの?」「どこにいるの?」といった「カブトムシ」採集の情報をゲットしてお子さんとカブトムシ採集に出掛けてみませんか?

スポンサーリンク

カブトムシが採集できる時期は?

image2カブトムシはどこにいる?いつごろみられるの?

カブトムシは、6月~7月下旬にかけて羽化をします。
この時期から、徐々にみられるようになります。

一番よくみられるのは?
  • シーズンベストというべき時期は、7月中旬~8月の前半になります。
  • 採集できるシーズンとしては、7月~8月前半になります。
 

採集できる条件・できない条件

image3カブトムシを採集するコツ!や取りやすい条件!という情報は沢山ありますよね。
では、変わりやすい天候の最近。こんな条件だと取れない!というのを伝授します(*^_^*)

カブトムシが取れない条件とは?
  • 涼しい夜は採れない!
    カブトムシは湿度の高い日によく採集しやすいです♪むっとするような雨あがりの次の日や台風が近い湿度の高い日がおすすめです。
    ということは、その反対で爽やかな日はNGです。
  • つるを巻いている木は避ける!
    次に、採れる場所です。カブトムシのいる木というのは、年輪がある程度古い木がおすすめです。ねらい目は「穴」「傷」のある“クヌギ”の木です。
    つるを巻いている木にはほぼいないので避けましょう!

スポンサーリンク

カブトムシが採集できる場所は?木の種類は?

image4カブトムシはどんな木にいるの?
  • ごつごつした木がおすすめです。
  • 蜜を出す木にいます!
どこを探すといい?
昼間は林、木の沢山ある公園に出掛けてみますしょう!
  • ねらい目は、「樹液が出ている」「濡れている木」です(*^_^*)
  • カナブンがいる木はねらい目!夜になると、そこにカブトムシが来ます(*^_^*)
  • 木の種類は「クヌギ」がおすすめです。他には「コナラ」「栗の木」に夜集まってきます。
    日中、どのあたりに来そうと「場所」にねらい目をつけておくといいでしょう。
    夜は19時くらいから21時がねらい目です。夜は・・・という方は早朝3時から4時くらいがおすすめです。
    日中は、たいてい土の中に潜ってしまいます(*^_^*)
 

最後に(簡単なまとめ)

カブトムシが採れると、その後自宅で飼ったり何かと楽しみが増えますね。捕り方のコツを勉強したり、飼うためにはどうしたらよいの?沢山勉強になりますね。
でも何といっても、虫を取りに行く!のは、なんだかワクワクしますよね。大人にとってみると自然の中をゆっくり歩くので、自然のパワーがもらえて(*^_^*)
日頃の疲れも癒され、気分転換にもなりますね♪
今年は是非お子さんとカブトムシをとりに行ってみませんか?

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ