カブトムシ採集!トラップ・仕掛けの方法と場所を紹介ッ!

夏休みになると、お子さんと一緒に昆虫採集などいかがでしょう。
どこにカブトムシがいるか」「どの時間帯がいい
などなど、上手に計画を練りながら、公園へと散策するのが楽しいですね(*^_^*)

image1

では、今回は、カブトムシを採集するには「どんな仕掛けをしたらよいの?」「どのあたりに仕掛けると良い?」その場所と採集の時間帯をご紹介します!

この夏、カブトムシを採集した親御さん、必見です(*^_^*)

スポンサーリンク

トラップ・仕掛けの方法!

(トラップの作り方・仕掛けのやり方などいくつかを紹介お願いします)

カブトムシはどうやって獲るのが効果的?
カブトムシは明るい時間帯は土の中に潜んでいます(*^_^*)
夜になるととれます!そこで、使うのが「トラップ」とよばれる、バナナなどで作る「果物トラップ」を仕掛けると、効果的です。

このトラップを使った採集方法で何十匹もとれる時もあるんですよ!

どうやってトラップは作ればよいの?
カブトムシトラップの作り方を2つご紹介します。

image2
  • ひとつめトラップのご紹介!
    ① 材料
    バナナ15本、砂糖、焼酎、ドライイースト、小分け用ジップロック
    ② 作り方
    ・まずバナナの皮を剥きます。2センチほどに、切ります。(ちぎっても大丈夫です)
    ・次に全体に焼酎を振り掛けます。
    ・砂糖を全体にまんべんなく振り掛けます。
    ・次はドライイーストです。全体に砂糖と同じく振り掛けた後、軽く全体を混ぜます。
    ・最後に、小分け用のジップロックに分けていれます。分ける分量、数はどの位のところにこのトラップを仕掛けるかで決まります。
    ちなみに、この分量で6カ所は木に塗れる分量になります。
  • 2つめトラップのご紹介!
    ①材料
    赤ワイン、バナナ1本、ネット(玉ねぎがはいっているネットをご用意ください♪)
    ② 作り方
    ・バナナを数か所爪楊枝でさします。
    ・容器にバナナをいれ、適量の赤ワインを振り掛けます。(赤ワインは飲み残しなどを使うとよいですね。)
    ・ラップをして丸一日漬け込みます。冷蔵庫にいれなくても大丈夫です。
仕掛けはどうやると良いの?方法をご紹介!
作ったトラップをそのまま木に塗ります

またネットに作ったトラップは、クヌギやコナラの木に縛りつけます
翌朝、太陽が昇る頃に採集に行きます♪

image3

仕掛けをする場所は?

仕掛けはどのあたりにするとよいの?
前述にも書きましたが、広葉樹木に分類されるクヌギやコナラの多い雑木林に仕掛けるとカブトムシは良く採れます。

どのあたりにカブトムシはいそう?
ゴルフ場や墓地、人気の少ない、余り人の手が入っていない自然公園、河川敷、神社近くの雑木林はねらい目です!
また広葉樹の近くの外灯の下に多くいることがあります。
外灯だけではなく、施設やコンビニ、自販機の明かり近くもねらい目です(*^_^*)

スポンサーリンク

仕掛けをする時間帯と採集の時間帯!

image4

塗る時間帯はいつくらいがいいの?
トラップを塗るのは夕方。日が暮れた頃がベストです♪

採集の時間帯は?
トラップを塗ったあと、最低でも2時間は待ちましょう。2時間以上はあけて、採集に行きましょう。
夜も遅いので、お子さんひとりでは行かず、必ず大人の方と行きましょうね。
最後に
image5

食材を使ったエサ(トラップ)作りから、どこに採集に行くか?自然を相手に大人も童心に帰れますね(*^_^*)

広葉樹は何を指す?トラップはどのくらい塗るとよい?あれこれ工夫を親子で是非この夏試してみてくださいね♪
きっと、お子さんの良い夏休みの思い出になること間違いなしです♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ