夏フェス入門!持ち物・必需品リストはコチラ!虫よけ・熱中症対策!

あつい夏!フェスではじけよう!全国各地でさまざまなイベントが予定されているので、必需品や夏バテ対策などを忘れずに!
夏フェスをより楽しむ方法をお教えしちゃいます♪

スポンサーリンク

夏フェスでの忘れてはいけない持ち物・必需品リスト!

hgpagqgq★これさえあればまず安心★
  • チケット:当日の朝、かならず確認しましょう。何よりこれが大事です。
  • 携帯電話:充電の減りが心配な場合は、充電器も。
  • タオル:首から下げられるものを。
  • ティッシュ・ウェットティッシュ:手が汚れたとき、水道が遠いときにさっと便利。
  • 常備薬:いざというときのために。
  • ごみ袋:ごみは基本持ち帰りです。ごみ袋以外としてでも、敷物などに使えます。
★野外フェスの備えとして★
  • 日焼け止め:これぞ必需品!朝だけではなく、塗り直しを。
  • 帽子:つばが広めのほうがおすすめです。
  • 水分:ペットボトルを凍らせていくと、長い時間冷たいままなのでおすすめです。
  • レジャーシート:場所取りのために、あると便利です。折りたたみ椅子でも〇
  • レインコート:傘はまわりの人の迷惑になるかも…かわいいポンチョでおしゃれを楽しんでみては♪
  • 虫よけ:野外フェスは、山のうえなど自然あふれる場所で開催されることも少なくありません。虫対策。
  • パーカー:夕方から夜にかけては気温が下がる場所もあります。

スポンサーリンク

おすすめアイテムはコチラ!

【靴】
靴は履きならしたスニーカーがおすすめです。紐ありのスニーカーは隣の人に踏まれる可能性があり、注意が必要です。

【ジップロック】
雨がふらなくても、たくさん汗をかきます!今や生活の必需品であるスマートフォンや携帯電話を水濡れから守りましょう。

【冷却シート、冷感スプレー】
首に冷却シートを貼り、タオルを巻く。これだけでも熱中症対策になります。また、スプレーで体温をさげるのもおすすめです。

【塩飴】
たくさん汗をかくと、汗と一緒に身体のなかのミネラルも流れてしまいます。水分補給ではミネラルを含んだもの、または塩飴を摂って効率よく補給しましょう。

 

夏フェスで特に気を付けるべきこと!

熱中症には、普段気を付けている人でもさらに注意が必要です。
頭痛がしてきたら、吐き気を感じたら、身体を冷やすことがまず大切です。
冷たいものを飲んだり、冷却シートを貼るなどで対処し、熱がこもらないようにすることが大切です。
そして決して無理をせず、救護室に助けを求めてください。hl;gsgsw

 
最後に
楽しいはずのフェス。体調を崩してしまっては台無しです。
楽しく過ごすために、スケジュールの確認もいいけれど、まずは体調管理を万全に。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ