知ってた?新盆がいつか?四十九日後の最初のお盆?お返しの仕方は?

亡くなった故人の初めての盂蘭盆を一般的には、「にいぼん」「あらぼん」などと言います。四十九日後初めてのお盆なので、とても大切な行事の1つです。今回は、新盆について調べてみました。

スポンサーリンク

新盆とは?

hnlsfbsabasお盆のしきたりは、地域によっても随分と違いがあります。新盆とは、故人が亡くなって四十九日が過ぎた後に初めてやってくるお盆です。それを新盆とか盂蘭盆、初盆といいます。

仏教では、故人没後7日ごとに法事を行ないます。これを忌日法要といいます。亡くなった故人を供養し成仏してもらう目的で行います。「中陰の七仏事」といって、初七日法要(しょなのか)にはじまり二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)と続き、七七日(なななのか)にあたる没後49日目に行なう法要を四十九日法要といい、忌明けとします。この四十九日までを「忌中(きちゅう)」といい、この49日間は、結婚式や祝い事への出席や神社への参拝も控えるようにします。

この四十九日忌中が明けて初めて迎えるお盆のことを「新盆」といいます。極楽浄土に無事旅だった故人が、忌明け後初めて帰ってくるのです。お盆には、仏壇やお墓に焼香し手を合わせるようにしましょう。

地方によってや宗派によっても多少違いますが、一般的には8月13日から16日がお盆なので、6月25日までに亡くなった人というのが、今年の「新盆」を迎えることになります。6月26日が過ぎてから亡くなった人は、次の年のお盆に「初盆」「新盆」を迎えることになるということなんです。

地方によっては、7月13日から16日をお盆とする地域も多く、その場合は5月25日までに亡くなった人が「新盆」を迎えることになります。紛らわしいので、お住まいの地域のシキタリを確認してみてください。また、最近では、親族や喪主、僧侶の都合などで日程変更されることもあります。

スポンサーリンク

新盆の準備と過ごし方

お盆は仏教行事ですが、国や地域や宗派によっても作法が異なり、明確にこれだという型があるわけではありません。嫁ぎ先と実家では作法が違うということはよくあることです。その家のやり方で行うべきです。「郷に入っては郷に従え」です。

基本的には、仏壇の前に精霊棚(しょうりょうだな)を置き、その盆棚に真菰(まこも)を敷き、位牌や供物を備えます。ナスキュウリに足をつけて、ナスは牛、キュウリは馬に見立てて置きます。「馬にのって早く帰宅し、牛にのってゆっくり未夜の国に戻ってください」という意味です。また、お盆の時期には、故人が迷わないように、盆提灯も飾ります。これらはあくまで一例です。基本は同じですが、各家のやり方に習ってください。

12日までに盆棚を整え、盆提灯を飾り、仏壇仏具の手入れを終わらせましょう。

13日夕方に、玄関などで「迎え火」を炊いて故人の霊を迎えます。素焼きの皿の上でオガラを炊きます。

14日15日のお中日には、お墓参りをして精霊膳をお供えします。

15日から16日には、「送り火」を焚いて故人の霊を送り出します。これが地域によっては、精霊流しや灯篭流しです。

 

新盆のお返しの仕方を教えます。

香典や提灯代のお返しとして、会食引き出物で返します。大体、頂いた香典やお供え物の金額の1/3程度が目安です。どんな物を送るかは、消え物といわれる、食べたり使ったりしてなくなるような消耗品が良いと言われています。よく使われるのは、海苔、お茶、洗濯洗剤などです。

 
最後に
jnlsfbsbs新盆の風習は地域や宗派によって異なります。家によってもやり方が違うので、その家のやりかたに合わせてやるようにしましょう。肝心なのは、故人の冥福を祈ることです。新盆中は、故人を想い、焼香し、手を合わせることを心掛けましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ