知らなきゃ恥ずかしい!親の初盆での盆提灯の飾り方!処分の仕方!

初盆。冠婚葬祭は各地域によって風習やしきたり、各ご家庭によって違ってくるので、戸惑うこともあるのでは?!

そこで、初盆での盆提灯についてご説明します。

スポンサーリンク

盆提灯の意味とは? 

gsdgsgsまず、初盆、新盆とは? 亡くなってから、初めて迎える“お盆”のことを「初盆(はつぼんと読みます)もしくは「新盆(にいぼん、しんぼん、あらぼんと読みます)といいます。

故人の方が文字通り、「初めて里帰り」することを表します。時期は、地域によって異なります。一般的には、お盆の行事は7月または8月の15日頃に行われます。 (期間について:旧暦の7月15日(現在の暦でいうところの、8月15日頃になります。関東(特に、東京や横浜など)の一部では、7月15日の頃をお盆の期間とする風習があります)

お盆に行われる一連の行事を「盆会(ぼんえ)」などといいます。この一連の行事のなかで、特に初盆では、以下のような内容が行われることが多いようです。

・僧侶を呼び供養の法要を行う。

・盆提灯を飾る

・盆会墓前読経(宗派やお寺により異なります)

・精霊棚(しょうりょうだな)、盆棚(ぼんだな)をかざる

・お墓の掃除とお墓参り

そこで、「盆提灯」はどんな意味をもつのでしょう。

亡くなった故人の方、仏様をお迎えする為の明かりで、仏様に供えます。飾り方は、やはり各々地域の特色があります

 

盆提灯の飾り方・処分の仕方

cvcjcvcv盆提灯はどこに飾ると良いのでしょう?

門提灯(お迎え提灯ともいいます)

玄関の軒下、縁側に下げるものです。

ご仏前用

文字通り、ご仏前にお供えするものです。ご自分で用意する以外に、ご親族や友人の方から頂いた「置提灯」や「下げ提灯」などをお供えします。

いつ、外したらよいの?また、どうやって処分すると良いのでしょう?

白い提灯(絵柄の無い無地の提灯)は、「送り火」で燃やしたり菩提寺に納めたりすると良いでしょう。

今は、盆提灯は、毎年使えるように絵柄のついた提灯を用意するご家庭も多いようです。次の年もこの提灯は使用することができます。

ちなみに、提灯は数多くの種類があり、職人さんによる手のこもったものもあります。ご参考までに、そんな職人さんによる手仕事の様子をご覧ください。
↑盆ちょうちん作り最盛期 和紙に独特のぬくもり↑

スポンサーリンク

盆提灯のあれこれ

盆提灯にもいくつか種類があります。ここでは、どんなものがあるかご紹介します。

行灯

御仏前の前に置くものです。三本脚でできている提灯のことをさします。丸く灯りがともる箇所を火袋は、「和」と絹でできた「絹張り」があります。

脚の箇所は、ブラスッチク製、木製があります。今はその丸く灯りがともる部分の「火袋」のデザインが様々あります。家紋が入るタイプから、花柄等々様々用意されています。

住吉

長い提灯のことをいいます。下げ型のタイプの提灯で、細く、長いものです。戒名を入れることもあります。

壺型/御殿丸

御仏壇の前、上側に下げる丸い形をした提灯のことをいいます。お迎え提灯として玄関に使われたりもします。

どのくらい初盆ではすると良いの?色々、皆様のお気持ちはあるかと思います。その地域、地域の風習もありますので、一概には言えませんが、絹張り(1対くらい)、行灯、下げるタイプの提灯(1対)くらいは、飾ってはいかがですか?

盆提灯を下げる時期は、初盆では、お盆月に入ったら飾って構わないといわれています。お盆参りをされる方もいるという考え方からです。初盆が過ぎるくらいまで、飾っておきましょう。

 
最後に
初めてのことで、分からないことづくが多いかもしれません。やはり冠婚葬祭では準備が大切です。特に、ご家紋を提灯に入れる方は、すぐには出来上がらないので早めのご準備を!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ