え?え?2015たこの日?半夏生って何?たこを食べる理由・由来は?

kfkgたこの日」?「半夏生」??初めて聞くと、え?!となりますよね。「半夏生」は何と読むのでしょう??

まずは、「半夏生」とは?からご説明しますね♪日本にはいろいろな風習がありますね!

スポンサーリンク

半夏生とは?たこの日とは?いつ?

半夏生の読み仮名は「はんげしょう」と読みます。「雑節」という季節の目安となるもののひとつにあたるといわれています。

「半夏生」は、梅雨が明けた頃、夏至から数えて11日目頃とされています。

2015年の半夏生は7月2日。大体毎年7月2日頃だそうです。

そもそも漢方薬にも使われる半夏(サトイモ科の烏柄杓〈からすびしゃく>と読みます。ザゼンソウやミズバショウと同じ仲間になります。〉と呼ばれる“毒草”があります。日本全土にわたって、畑、路傍や川原などに生息、生え、畑の中の雑草のひとつといわれています。毒があるため、農家では古くから、梅雨の末期までには田植えを済ませよう。という言い伝えがあります。

kjvjkb「半夏生」は、この植物にちなんで、名づけられたとされています♪

農家にとってこの「半夏生」は重要な節目の日とされていました。

古来のことわざに「夏至ははずせ、半夏生は待つな」と使われたり、半夏までに田植えを終わらせると今年は豊作だ、とされていた時期もあったようです。

では、なぜタコ??地域によって豊作を願って半夏生の日に頂く食べ物に違いがあります。

サバやうどん、そしてタコ」をどうやら日本各地では頂くようです!

半夏生にタコを食べる風習は、どうやら「関西地方」で多いようです。
京都、半夏生の寺建仁寺両足院(KYOTOMOVIE)

京都、有名な建仁寺では、毎年半夏生に庭園を一般公開しているようです。奥が深いですね!

スポンサーリンク

たこを食べる理由・由来は?

なぜ「タコ」を食べる習慣が!「タコ」にはどんな願いがこめられているのでしょう? 

答えは、あのタコの“吸盤”と、一度吸いつかれたら、はなれない?!“足”のようです。

・田んぼに植えた苗の根が、タコの足のように大地にしっかりどんな雨、風がこようとも根付いて欲しい

・植えた稲穂が、タコの吸盤のように、立派に秋には実って欲しい

という願いを込めて「タコ」を頂くようです♪

 

たこのこんなところがイイ!!

タコは、お刺身、から揚げ、最近ではタコ飯で頂くのもおいしいですね♪
タコで多い栄養素は「タウリン」!でしょう。

タウリンの効能としては、

・「コレステロール値」を下げてくれる、悪玉コレステロールを除去してくれる

・疲労回復

・肝機能強化

疲れているときに頂いたり、お酒のおつまみに頂くとよいですね♪♪

このように「疲労回復」というタコ本来がもつ効能から、稲作をした後、疲れた身体を癒してくれる食材としても、「半夏生」に頂くようになったようですよ!!

 
最後に
jvgjvjvv他に、タコの日は、なんと8月8日(タコの足が8本!が由来)、広島県三原観光協会が定めて、タコの供養も行っているそうです♪♪日本各地の慣習を知れば知るほど、なるほど~。滋養強壮のあるタコを頂くなどよく昔のひとは考えていますね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ