端午の節句の兜を飾る意味は?誰が買うの?親?母方?父方?地域によるの?

gdegbv端午の節句とこどもの日は同じ日を指しているって知っていますか?

案外知らない人が多いかもしれません。特に女の子ばかりの家族に育った人は知らない人が多いかもしれません。今回は、端午の節句と子どもの日に関して調べてみることにします。

スポンサーリンク

端午の節句の兜とは?飾る意味は?

powwwwg端午の節句こどもの日が同じだと知っていますか?

こどもの日には鯉のぼりを揚げて、端午の節句の日には、五月人形と俗に言われるを飾ると思っている人がいるかもしれませんが、どちらも同じ日のことを言っており、同じ日に飾るものです。最近の住宅事情もあり、五月人形は室内なので飾ることができますが、鯉のぼりは揚げられないという家も多いようです。

元々は、五月の節句の時期になると武家屋敷では、外に旗幟や吹き流しを立て、座敷に鎧や兜の武具を飾りました。理由は湿気の多い梅雨時にカビが生えないようにという手入れの理由が大きかったのです。鎌倉時代や室町時代に既にこのような習慣が武家ではありました。

それに日本人らしい知恵で、その行為自体に意味付けをして手入れを怠らないようにしたのです。災が外から入り込まないように防ぐ」という意味付けをして、端午の節句に武具類を外に飾ったのです。カビ臭い武具を使って戦うのでは、勝てる戦も勝てないということだったのです。それを江戸時代に、武家社会の風習を庶民が真似て始まったのが、五月人形の始まりだと言われています。

江戸時代になると、太平の世が続いたので、鎧屋さんが商売上がったりだったので、商売のためにこどもの日ということで、五月人形を飾る習慣が始まったと言われています。それに、神様の依代が重なって広まり、現在のようになりました。なので、今でも神社では、こどもの日に神様の依代を配りそこに家族の名前を書き込み神社で祈祷してもらうという習慣が残っています。

兜や鎧を飾る意味は、男の子を事故や病気などの災いから守るという意味があります。何故なら、兜や鎧は武士の命を守る象徴だからです。また五月人形は、義経や弁慶、金太郎などの強い武将たちの人形を飾るようになりました。兜鎧は買えないが、人形ならということで庶民に広まりました。やはりこちらも商売だったのです。

スポンサーリンク

誰が買うのが最適か?

お嫁さんお婿さんの両親が買うのが普通です。その理由は、やはり日本人らしい心遣いの意味付けだったのです。舅や姑目の手前、孫になかなか会いにいけないお嫁さんやお婿さんの両親が孫に会うために、五月人形を揃えて会いに行くのです。そんな理由から、お嫁さんやお婿さんの両親が買う習慣がつきました。

しかしこれには地域差があり関西ではお嫁さんやお婿さんの両親が孫に会いたい思いで購入するという習慣ですが、関東では嫁ぎ先の両親が買うのが習慣になっています。どちらにしても、いずれかの両親が買うことには違いがありません。

 

地域よって違いがある?

地域差は上でも述べたようにあります。関東ではお嫁さんやお婿さんの両親が買いますが、関東では嫁ぎ先の両親が買うというように。また、関西ではこどもの日には粽を食べますが、関東では柏餅を食べます。

 
最後に
このように、同じ催しものであっても、地域によって随分と差があるようです。どちらにしても、子どもたちの無病息災を願い、鯉のぼりを揚げ、五月人形や鎧兜を飾ってあげましょう。喜ぶのは子どもたちです。そして、そのことから日本の季節感を学ばせてあげましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ