2015年歯の衛生週間6月4日!8020運動!歯磨きの重要性を知った!?

kffffaa6月4日は、「むし歯予防の日」って知っていますか?

歯磨きを推奨するために、厚生労働省と文部科学省、それと日本歯科協会が実施しています。毎年6月4日から10日までを「歯の衛生週間」として、子どもたちに歯磨きの大切さを説く週間にしているのです。今回はこの「むし歯予防の日」と「歯の衛生週間」について調べてみました。

スポンサーリンク

歯の衛生週間とは?なぜ6月4日は「むし歯予防の日」なの?

dgfgffまず6月4日が何故「むし歯予防の日」なのか、もうお解りの方が多いと思います。そうです、日本人得意の語呂合わせなのです。6月4日を「6」と「4」「ム」「シ」に語呂合わせしたのです。それで6月4日が「むし歯予防の日」になりました。そして、この6月4日の「むし歯予防の日」を起点に、歯や口腔の健康を見直す週間として1週間が「歯の衛生週間」となったのです。

 

8020運動!!

この「歯の衛生週間」では、「8020運動」というものが提唱されています。その内容は、80歳まで20本全て自分の歯を保つよう心掛けようという運動です。日本人の平均寿命は男性が78歳、女性が85歳と世界一の長寿国家になりました。

しかし、歯の寿命はというと、残念ながら50歳代、60歳までにとどまってしまっています。その原因は欧米諸国に比べ、日本人は歯を大切にしないからです。欧米諸国では歯を大切にすることは子供の頃から習慣にされています。物心つくと歯並びを直し、八重歯なんかも早い内に取ってしまいます。矯正なども、当たり前で行われています。

歯並びが悪いことは、世間的にも良くないことなのです。このような欧米の歯を大切にする習慣を、日本人にも習慣付けようというのが「歯の衛生週間」のはじまりです。

子どもたちに歯磨きの大切さを啓蒙し、虫歯がなく80歳を迎えているお年寄りから、その経験や体験談を子どもたちに話してもらったり、実際に良い歯磨きを指導したりする活動を行っています。

スポンサーリンク

歯磨きの重要性について

nladgfafa歯磨きは、歯を守るという意味だけではないのです。歯の健康は、全身のバランスを整える意味と健康な身体を保つためのバロメーターになるのです。その意味でも歯を守ることは大切なのです。

プロ野球選手が、歯磨きを心掛け虫歯予防に最新の注意を払うのには理由があります。歯が虫歯だらけだと野球で良い成績を出せないからです。歯が健康を保たれていないと、歯を食い縛り良いボールを投げることができないと言われています。それだけでなく、よく口腔内の菌は万病の元と言われます。

虫歯や歯周病や歯槽膿漏などをほっておくと、歯が守られないだけでなく全身の病気の原因になる言われています。それには、毎日の歯磨きと歯垢など取り除き歯を手入れすることが必要不可欠だと言われています。

病気になりたくなければ、まず口腔内を健康にし歯を丈夫にすることが何より大切なのです。

最後に
案外知られていませんが、歯は万病の元なのです。口腔内を不潔にし、虫歯や歯周病や歯槽膿漏をほっておけば、かならず大きな病気の原因になります。

病気にならないためにも、「歯の衛生週間」に歯を磨く習慣をつけることをこどもたちに啓蒙するようにしましょう。そうすることで、子どもたちの健康自体を守ることができ予防することができるのです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ