文化祭!クラスの出し物の参考になるネタ・アイディアのまとめ!

文化祭といえば、学生時代の大きなイベント。
そのなかでも、クラスや部活など、みなで取り組む出し物はだれもが悩んで考えて経験したことでしょう。

image1

定番なものから、想像を超えるハイクオリティなものまで!文化祭を盛り上げる企画をご紹介します。

スポンサーリンク

文化祭!クラス出し物まとめ!

教室やステージ、野外などフィールドはさまざまですが、今回はステージでの発表を取り上げてみます。
↑ボディパーカッション教育↑
  1. ボディパーカッション
    文字のとおり、「からだを使って音をだす」です。クラス全員が半袖と半ズボンになり、同じリズムで同じ動きで肌をたたく、ただそれだけです。ひとりだけでは小さな音であっても、クラス全員の音となれば、音にバリエーションが増え楽しむことができます。リズムがぴたり!とあったときには、パフォーマー自身が心地よい流れを得るとともに、聴衆にも大きな感動の渦が巻き起こることでしょう。
  2. ボディビルダー
    こんなお笑い系なことも部活の仲間とならできます。普段、筋肉トレーニングを積んでいる運動部なら、美しい肉体を自慢できる男子学生も少なくないはず。小麦色に焼けた肌をいまこそ!あたたまった会場をさらに盛り上げること、間違い無し!です。
  3. ファッションショー
    注目を浴びるならこれ!ヘアスタイルや衣装など、普段の学生生活では見ることのできない姿をみるわくわく感はおそらくみな一緒だと思います。取り組みは、企画の打ち合わせからモデルの選出、歩き方の練習や衣装作成などの準備に相当な時間がかかりますが、やり遂げたときの達成感は何にも変えられない思い出になります。決して無駄にはなりません。ファッションセンスやモデルの素質など、クラスメイトの新たな一面を知る良い機会にもなるかもしれません。
  4. ドラマのパロディ
    話題のドラマや映画をちょっと拝借!ストーリーの主人公が持つ性格や特徴が強烈なほど真似しやすく、みんながわかる利点があります。主題歌や重要な台詞などは、キャストが歌ったり、言ったりするもよし、You Tubeなどの動画サイトから用意するのもよし、出し物の目的に合わせて使い分けることができます。
    パロディにするなら、シリアスな役をクラスのお調子者がするなど、なにかびっくりするようなポイントがあると笑いを誘いやすいと思われます。

スポンサーリンク

文化祭の出し物を決める上で重要なポイント!

  1. 多数決での決め方に注意する
    実現可能かの話し合いが行われているか、また出てきた案の具体的なイメージがきちんとみなに伝わっているかなど、十分な検討が行われていない場合、振り出しに戻ってしまう危険性があります。
  2. 実行委員会を立ち上げる
    いくつかある案をふるいにかけるとき、また決定した企画の進行役に実行委員会は必須です。実行委員会がどこまで権限をもつかについては、クラスや部活によって異なりますが、全員で検討する際には仕切りやまとめをします。
 

クラスの出し物を成功させるポイント!

なによりチームワークを大切に!
実行委員会など取り組みをスムーズに進めるためのリーダーは必要ですが、それらを支えるのはクラス全体であり、雰囲気です。お互いを助け合い、協力しあう、つまりコミュニケーションを大切にすることが一番重要といえます。

image2
最後に
文化祭は学生生活の大きなイベントのひとつです。全体で取り組むからこそ、難しいことや悩むことが多くあると思います。
でも、一生忘れられない、そんな思い出にすべく、がむしゃらに取り組んでみるのもまた学生生活の醍醐味といえます。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ