子供と一緒に筑波山登山!子供や高齢者へのおすすめコース/ルートは?

jsdgvsgs筑波山は一般的にはよく知られた山です。ですが、登山ということではあまり人気のない山です。何となく登山するほどの山ではないと勝手に思い込んでいるようです。ところが、紅葉狩りでは非常に有名で、紅葉シーズンになると多くの観光客が訪れます。

スポンサーリンク

筑波山とは?

筑波山は、茨城県つくば市の北端にそびえ立つ標高877mの山です。高尾山をイメージして頂けたら良いと思います。標高でいうと筑波山の方が300mほど高いです。何と案外知られていないのですが、筑波山は、日本百名山の1つに数えられています。実は、百名山の中で最も低い山が筑波山なのです。

標高だけで言うと、鹿児島の開聞岳に僅かに劣ります。ですがさすがに百名山の1つに数えられるだけのことはあり、その勇姿は美しいです。男体山と女体山からなる二つの頂きを合わせて筑波山と称しています。雅称は、紫峰、筑波嶺と言われます。

 

子供でも大丈夫?

fjpaffa筑波山には、豊かな自然が溢れ、四季折々の美しい草花が山を彩り、幼児から年配まで、老若男女を問わず気軽に登れる山です。昔から山岳信仰が盛んで、人々に敬われ愛された山でもあります。

近隣地域では、遠足に登る山としても知られているほどなので、充分子どもたちでも登ることができる山です。親子で筑波山を楽しむ姿を見ることができる山でもあります。

スポンサーリンク

子供や高齢者へのおすすめコース/ルートは?

子どもたちだけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に、家族揃って登ることができる山です。その観点からイチオシのルートをご紹介します。

つつじヶ丘をスタート地点にして、「おたつ石コース」を出発し女体山を目指す「白雲橋コース」へと進むルートです。所要時間は子どもたちやお年寄りの足で大体1時間から1時間半ぐらい理解してください。大きな岩や面白い地形があるので子どもたちが遊びながら安心して登れるコースです。

天然のジャングル・クルーズのような山を満喫できる登山ルートです。紅葉の時期ならば、一緒に登るおじいちゃんおばあちゃんも、一服しながら紅葉狩りができるはずです。

こどもたちには、自然を満喫でき、登山の楽しさを教えてくれるのが筑波山です。頂上からの絶景は大人たちを魅了します。子どもも大人も楽しめる山、それが筑波山なのです。頂上や木陰に入ると冷えますので、体温調整ができる服装を用意していってください。

 
最後に
筑波山は、案外知られていませんが、手軽に家族で登山できる素敵な山なのです。秋には紅葉狩りができ、子どもたちも軽いロッククライミング気分で、自然を満喫することができます。是非一度、家族で揃って筑波山に登ってみましょう。そして、素敵な想い出を紡いでみましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ