愛犬の為の!子犬のしつけ!【いつから】~【いつまで】がいいッ?!

子犬~!!まぁ、お水を飲んだり、くしゃみをする姿・・・。どれひとつとっても、可愛くてたまりませんね!

jb;fwそんな子犬!を飼う事になった場合、「しつけ」はどうしたらよいの??

自宅で飼うとなると、ちゃんとした生活をするためにやはりしつけなければ・・。
しかし、「いつくらいから始めるとよい?」、「どういうことを教えたらよいの?」わからないことだらけですよね。

今回は、「子犬のしつけ」について、いつくらいから始めるとよいか、どういうことをしつけたらよいか、ご説明します♪

スポンサーリンク


 

犬へのしつけは子犬のうちに! 

nlbwrw
  • なぜ子犬のうちからしつけが必要なの?
犬を「飼うタイミング」は、それぞれありますよね。譲り受けたり、ペットショップで購入したりとご家庭で犬を飼う時期、犬の年齢は様々だと思います。

子犬から、「しつけ」が必要と言われているのは、大きく成長してから、しつけで、「治ること」と「出来るようになること」、子犬の時期から行わないと大きく成長してからでは、「治すことが難しい」、「出来ない」と言われていることがあるからです。

・治すことが難しい/出来ないといわれている「しつけ」

無駄吠えという、何か環境(人に対して、掃除機等日常生活の音などなど)に対しておびえて吠えることをやめさせる。

なぜ難しいといわれているか?解説します。

すれ違う人や子供に対して吠えるのをやめさせたい。と考えるとします。
しかし、これは、この犬のもって産まれた「性格」かしら??と思われるかもしれません。

「おびえやすい、反応しやすい性格なのだ!」と思われるかもしれません。
犬はびっくり!!こういった習性は、先天的にもってうまれたものではなくて、成長時期の環境や何かの経験から、「吠える」ようになる、という後天的なものだそうです。

確かに、多かれ少なかれ、犬には持って生まれた「個性」や「性格」があるので、無駄吠えをしないように、飼い主の方がその犬にあった「解決策」「しつけ」をみつけられれば、ラッキーです♪♪

ただ、一般的に、後からつく癖、本能に近いものなので、完治は難しいといわれています。

こういった理由から、子犬の時期から、生活の雑音、人の声に慣れるようしつけていく必要があります♪♪

スポンサーリンク

子犬の時期に≪しつけ≫をしないとどうなる?

犬は、そもそも人と比べて歳の取り方が異なります。大体子犬の「1か月」がなんと人でいう「1歳」に該当します。

nolwrgwということは!

そうです。半年で「6歳」なのです。これを聞いて、人でもやはり乳児、幼少期から「やってよいこと」「悪いこと」「治したほうがいいこと」は親が教えていきますよね。

犬もそうです。社会で暮らしていく、人と生活していくには、きちんと「やっていいこと」と「悪いこと」は教えていかなければなりません。

そして大切なのは、飼い主の方と飼われる犬が信頼関係を築き、きちんと「主従関係」を築き、しつけの方法、内容をその犬にあって方法で行っていくことがベストだといわれています。

 

≪しつけ≫は【いつから】~【いつまで】がいい?

nlbwrq犬の成長スピードは、人の10倍!ともいわれています。

というわけで、しつけの時期は、早いほうがいいと言われています。つまり、早ければ早いほうがいいわけです。

うかうかできませんね・・・。生後直後の時期(1か月でも、1歳なので!)からしつけを始めても早すぎるということはありません。

そして犬のしつけに「遅すぎる」ということもありません。
やはり、冒頭にもかきましたが、「犬を飼い始める」タイミングと時期は、皆さんのご家庭で異なりますので、飼い主の方はあきらめず、成犬になってからも根気よく、しつけは行いましょう。

 
最後に(簡単なまとめ)
jbrwqしつけの時期に遅すぎることはありません。また、子犬の時期から飼えるようでしたらば、是非、早い時期からしつけを行いましょう。

しつけをすることで、飼い主そして犬、両方が健やかに生活できることが、一番ハッピーですよね♪♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ