愛犬の為の!子犬への餌の時間と量とは?!餌のやり方まで解説!

愛犬を飼ってみて、最初に悩むのは餌の量時間回数です。
世間を見ていると、どうも肥満のワンちゃんが多いような気がして心配になります。それでも、可愛い愛犬、ついつい量を多めに与えてしまいがちになります。

今回は、そんな愛犬の飼い方、特に餌について調べてみました。

スポンサーリンク

子犬への餌のやり方は?

2hrwrhw昔より間違いなくペットの愛犬の数は増えました。ところが不思議なことに、昔のように朝や夕方に犬が遠吠えしている声を聞いたことはあまりありません。犬の数は増えたのに声は聞こえなくなったのは不思議ですね。それは、飼い主である人間の都合に寄るところが多いです。

特に首都圏では、集合住宅で飼っている場合も多く、去声してしまっているワンコが多いのでしょう。可哀想なことです。それと同じように、愛犬の食生活も随分と変わりました。昔は、残飯にガッツいている愛犬の姿をよく見ました。

最近のワンコたちは、人間でも食べられるようなドッグフードを食べさせてもらっています。なんか味気なく感じてしまい、ドックフードを与えている上に、人間の食べているご馳走やお菓子をついついやってしまいます。でもそれは、ワンコたちのためによくありません気付くと肥満になり、肝臓などを悪くします
結果苦しむのはワンコ自身ということになってしまいます。

愛犬の餌やりは、生後何ヶ月かによって餌の回数と量が変わります

生後1ヶ月ぐらいまで
1日4回離乳食をあげましょう。離乳食として市販されているものか、子犬用のドライフードを人肌温度のお湯か犬用のミルクでふやかして与えて上げましょう。生後間もない頃は、慣れるまで母乳と併用するのも良いでしょう。

生後2ヶ月を過ぎて4ヶ月ぐらいまで
離乳食パピーフード1日3回から4回程度与えましょう。お湯やミルクでふやかす時間を短くし、段々とふやかさなくても食べられるようになるように慣らしていってあげましょう。

生後4ヶ月を過ぎたら
子犬用ドックフード1日3回与えるようにしましょう。生後半年ぐらいまでは、栄養価の高い子犬用のドックフードを与えてあげましょう。間違っても小さく育てようなどということは考えないことです。子犬にダイエットなどは絶対厳禁です。生後半年頃までは、少し太り気味でも問題ありません。むしろ少し太り気味の方が良いぐらいです。

生後半年を過ぎたら
1日2回から3回ぐらいにして、普通の成犬用ドックフード子犬用ドックフードを混ぜて段々に成犬用に慣らしてあげましょう。子犬の餌の必要量は、6ヶ月をピークに段々減らしていくようにしましょう。

生後8ヶ月を過ぎたら
見た目の成長も体重の増加も止まったのを見極め、完全に成犬用ドックフードにしましょう。回数は1日2回から3回です。

スポンサーリンク

子犬への餌をやる最適な時間とは?

ghjolsgw大体、どこの飼い主さんも、朝6時から8時くらいの間に朝食をあげます。
夜は、6時から10時くらいの間にあげるようにしているようです。

当然人間の生活が優先されるので、人間の生活に合わせてあげるようにしましょう。できるだけ規則正しく与えてあげる方が、ワンコたちにとっては幸せです。早かったり、遅かったり、日によって違うのは、彼らにとっては辛いことです。

 

子犬への餌の最適な量とは?

餌の量は、個体によって違います

体重5kg程度のワンコなら、1日350キロカロリーです。

体重が10kg前後のワンコなら、600キロカロリーです。

体重が20kg程度のワンコなら、1000キロカロリーです。

30kg前後のワンコなら、1400キロカロリーが摂取量の目安になります。

勿論、これは30分から1時間の散歩なりお遊びで運動量を確保しての場合です。
運動量が少なければ、当然摂取カロリーを減らさなければ、たちまち肥満になってしまいます。苦しむのはワンコ自体です。

 
最後に
lwkbvlwd生後半年までは、離乳食と子犬用のドックフードを中心に回数を多く与えましょう。半年を過ぎたら成犬用のドックフードと併用し段々と慣れさせてあげましょう。

必ず毎日運動をさせてやり、その運動量によって、与える餌の量も調整してあげるようにしましょう。
ついつい可哀想だと思い与えすぎてしまいますが、与えすぎはワンコを苦しめるだけです。気を付けてください。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ