引っ越しの失敗しない手順とチェックリスト!【答えはココ!】

oldafa

慣れない引っ越しで失敗しない手順とチェックリストについて紹介します。
引っ越し前にはやっておかないといけないことが本当にたくさん!一つ忘れてしまうと、後で面倒になることがありますので、注意してくださいね。

「何か忘れてないかな~?不安だな~」って誰もが不安になりますよね。
そんなあなたが安心できるように以下にまとめてみました。
ぜひ参考にしてください。
ちなみに私はこれで失敗しませんでしたよ♪

スポンサーリンク

◆引っ越しの前にやっておかないといけない事!

引っ越しをやるとなりますと、結構な手続きと作業しなければいけないのです。しなければいけないことリストやチェックリストをしっかりと作成してのぞまないと、ついつい忘れてしまって後から大変な事になる可能性もありますのでご注意ください。

まずは、引っ越しの前のチェックリストを以下に紹介します。

 

◆ひと月前までに行うこと

joho

①引っ越し業者を選択 → 複数の業者へ見積もりを依頼しましょう!

②大家さんへ引っ越し連絡 → 退去する日を伝えてください。

(お子様がいる場合)
③学校に引っ越しする旨の連絡をする → お子様の事は最優先に行いましょう!

④リサイクルSHOPへ連絡 → 不要品を買い取ってもらう!※捨てるよりも断然お得!

⑤粗大ゴミ予約 → 地域によっては無料で受け取ってくれる場合があるので要チェック!事前連絡が必要になります。2~3週間程度かかるかも。

⑥ネット回線の工事予約 → これも事前予約が必要です。有料の場合があるので事前にチェック!1か月位前に予約が必要かも。

⑦転居のハガキ作成 → これ意外と重要です!「もう関係無いから」ではすまされません。

⑧荷造りをする為の準備 → 段ボールを無料でスーパーからもらいに行く!ガムテープ・ビニールテープは用意しましょう。

 

◆引っ越しの前日までに行うこと

jfopakhfola①転居届 → 市区町村役場にて行う(休日でも行える場所があるかも?)

②印鑑登録の廃止 → 転居届と一緒に

③国民健康保険の資格喪失届 → 転居届と一緒に

④児童手当関連手続き → 転居届と一緒に

⑤電気使用の停止手続き → 清算は自動引き落とし、現地清算、もしくは請求書を新居への送付もOK

⑥水道使用停止手続き → 清算は自動引き落とし、現地清算、もしくは請求書を新居への送付もOK

⑦ガス使用停止手続き → 清算は自動引き落とし、現地清算、もしくは請求書を新居への送付もOK

⑧固定電話契約変更

⑨携帯契約の住所変更

⑩NHKへの届け出住所変更

⑪各銀行の登録住所変更 → 銀行窓口かHPにて変更できます。

⑫クレカ登録住所変更 → クレカ会社へ

⑬各保険会社の登録住所変更 → 各保険会社へ

(ペットがいる場合は)
⑭ペット登録住所変更 → 保健所へ連絡しましょう

⑮新聞配達の登録住所変更 → 新聞社のHPか販売店へ

⑯引っ越し挨拶品の準備 → ★こちらをチェック☆

⑰新居の家具の置き場所なんかを考えてみては? → 事前に決めておかないと、当日大変!

⑱荷物梱包 → 梱包が必要なものは前日までに梱包しましょう!

⑲大大大掃除 → これが大変!早いうちから少しづつでも掃除しておきましょう!

⑳冷蔵庫の霧取り・コンセント抜き

㉑洗濯機の水抜き・コンセント抜き

㉒手持ち荷物の準備

㉓旧居のご近所挨拶 → ギフトは不要です。

スポンサーリンク


 

◆引っ越し日に行うこと

hikkosi
①引っ越し業者への料金清算

②旧居引き渡し → 立ち合いをして、内装チェックがあります!請求金額には注意してくださいね。

 

◆引っ越し後すぐに行うこと

pppp

①新居の近所挨拶回り → ★こちらをチェック☆

②電気のブレーカーを上げる

③水道の元栓を開ける

④ガスの開栓 → 立ち合いが必要です!

⑤荷物確認 → 紛失・破損は無いか確認

 

◆引っ越し後2週間以内に行うこと

①転入手続き → 市区町村役場

②印鑑登録 → 転入手続きと一緒に

③国民健康保険加入の手続き → 転入手続きと一緒に

④国民年金の住所変更 → 転入手続きと一緒に

(お子様がいる場合)
⑤転校の手続き → 教育委員会もしくは転校先の学校

⑥運転免許証の住所変更 → 運転免許センターもしくは、警察署にて

⑦車庫証明の申請 → 警察署にて

⑧車検証の住所変更 → 陸運局にて

⑨電気使用の手続き

⑩水道使用の手続き

⑪転居ハガキ送付

 

◆引っ越しが決まったら、早めに大家さんもしくは不動産業者へ連絡しましょう。

引っ越しが決定したら、先ずは大家さんには連絡をしないとならないです。
退去日を伝えなければならないんです。


この退去日なんですが、「どのタイミングまでには伝えなければならないのでしょうか」それは、賃貸借契約書に記しています。
「ひと月前」迄ということがほとんどなんじゃないでしょうか。でも状況によっては2ヶ月前というケースもあります。

決まった日迄に退去日を伝えなければ、その日を経過した日分の家賃を取られてしまうこともあるので注意!
だからスケジュールは、先だってキチンと決めておいてください。

スポンサーリンク


 

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ