「3Dtouch」ってこんなに便利ッ!iphone6Sの小技を紹介!

どんどん進化していくiphoneシリーズ!2015年発売のiphone6S、6Splusで行えるようになった新機能!!「3Dtouch」 もうみなさんは使いこなしていますか?

1そもそもそれ何?って方からもうバッチリ使ってます!って方まで・・。

せっかくの新機能、「3Dtouch」は画面を押す強さによって様々な操作を行うことができる機能・新しいタッチ機能です。最初はとっても不思議な感じですが、いじってみれば意外と簡単??

それではどんなものかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

 iphone6Sの3Dtouchって何?

2

先ほども書きましたが、「3Dtouch」は画面を押す強さによって様々な操作を行うことができる機能・新しいタッチ機能です。
iphone6S、6S plusでは画面上を指で押す強さをiphoneが感知することが可能となり、タップやスワイプなどのタッチ操作に加えて新しい操作「Peek」「Pop」を使用して操作が可能となっています。

押す強さをiphoneが感知し判断するという不思議な機能です。まずはお試しあれ!

 

3Dtouchって何が便利なの?

3

新しく加わった機能、「peek」「Pop」について見てみましょう。
「Peek」は画面を軽く押す「Pop」は画面を少し深めに押すという新しいタッチ操作です。
画面を軽く押すことでメールや写真、Webページなどの内容を開くことなく、プレビユーすることが出来、さらに、深く押すことで内容を全体表示することも出来ます。

「設定」からアプリを起動し、「一般」からアクセシビリティ設定画面で「3Dtouch」を選択すると3Dtouchの感度設定画面を表示出来ます。3Dtouchの感度テストも行うことが出来ます。
Live Photos 写真なのに動画が撮れる新機能です。撮った写真を深押しすると静止画像が動き出します。とにかく面白いです!

スポンサーリンク

3Dtouchの小技って何?小技を紹介!

4

「3Dtouch」を使った便利な操作がクイックアクションです。ホーム画面のアプリのアイコンを押し込むことにより、ショートカット機能が使えるようになりました。

例えば、「カメラ」を起動したいとき、ホーム画面から「カメラ」アプリのアイコンを軽く押し込むとショートカットメニューの「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「写真を撮る」が表示されます。素早い写真撮影が可能になりました。

また「電話」アプリのクイックアクションでは「よく使う項目」に登録している3人がショートカットメニューとして表示されます。

その他の使い方として「3Dtouch」機能を使えば、「LINE」が既読を付けずに読むことが出来ます!トークリスト上で強押しすることで、各トークレビュー表示が可能になりました。
トークリスト上で強押しするとトーク画面のプレビュー画面がポップアップし、トークを開かずにメッセージを確認出来ます。プレビューしただけでは既読は付きません。
内容は気になるけど、既読はつけたくないなんて時には便利な機能です。

「Instagram」アプリでもInstagramを開いてポスト、というステップも必要なくなりました。

メモアプリでも3Dtouchが使えます。手書きでメモやイラストが描けるだけでなく軽く押すと細い線が、強く押すと太い線がかけます。楽しいので一度試してみて下さい。

「3Dtouch」対応のアプリもどんどん増えていますのでぜひ使いこなしてみましょう。

 
 最後に
5

日々進化を続けるiphoneですが、その機能を使いこなせるかどうか?は持っている彼方しだいです

私もiphone6sを持っていますが、全く使いこなせていません(笑)・・。
きっとまだまだ知らない世界があるのではないかと思っていますが、何となく使いこなせてきたなと思う頃、新しいiphoneが発売される・・。そんなことを繰り返しております。

みなさんはどうでしょうか?
見た目はiphone6と同じですが、驚くべき進化を遂げたiphone6s一度試してみてはいかがでしょう
新しい世界が広がること間違いなしです。

私ももっともっと自由に使いこなせるようにチャレンジしてみます!!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ