うなぎ・鰻・ウナギには毒がある? 毒抜きの方法は?刺身はある?

土用の丑の日にうなぎを食べました! 値段は高いですけど、とっても美味しかったです!
ああ~鰻の蒲焼、あのタレ! 堪らないですね!夏バテ気味の時なんかは精力付けにはもってこいですよね!

でもそう言えば、、 鰻の刺身って食べたことはないですね

何ででしょうか?
うなぎに何か秘密でもあるのでしょうか?


gs;hshshs

・生臭いから?
・寄生虫でもいるから?
・刺身もヌルヌルしててマズイ?
というイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

実は、
ビックリな理由があったんです!

スポンサーリンク

うなぎ・鰻・ウナギには毒がある?

ズバリ!

うなぎには毒があるんです!

えええ~~!!知らなかった~~!!

鰻の血液中にはイクシオヘモトキシンという毒が含んでいる!そうなんです。

ウナギの毒が人間の体内に入ると炎症や化膿を引き起こしてしまうそうです!
またこの毒を大量に摂取してしまうと、吐き気や呼吸困難に陥ってしまうとのことですし、最悪な状況も考えられるということなので、とっても要注意です! 血が目に入ってしまったもんなら、とんでもなく痛いそうです!要注意!

ちなみに・・・

このウナギの毒は『60度以上の熱で5分以上加熱することで無くなる

とのことなのでウナギ好きの方、ご安心ください♪

だから、時間をかけて加熱する蒲焼が定番になったということなんです! そういえば、お店でウナギを頼んだ後、運ばれてくるまで結構待ちますもんね~

 

鰻の毒の抜き方!

毒を持つことで有名なフグは肝臓や卵巣など、毒のある部分が特定されていますが、ウナギは血液中ということでいわば全身ということになります。 そんな鰻の毒を全部取り除くのは至難の業のようなんです!

それではウナギの毒抜きの方法を見て行きましょう!

ウナギの毒を抜く方法としては、全身の流れる血を抜く必要がある為、 『血が固まりにくい効果のある焼酎と血を流れやすくする効果のある塩を混ぜた氷水に1時間ほど漬ける』という方法があります。

これで終わりではありません、まだ血が全部抜けたわけではありませんので、 うなぎを開いた後、残った毒を完全に除去するために寝に李に何度も念入りに洗い流す必要があります。

ウナギの毒抜きは本当に大変な労力が必要ですので、 ウナギの刺身ってあまり見かけないんですね~ 通常の刺身の5倍以上の労力がかかるようなんです!

スポンサーリンク

うなぎの刺身ってどうなの?

うなぎの刺身は・・・

値段はやはり高いですが、美しく輝きほんのり甘味のある油が堪らない他では味わえない一品とのことです!

本来の鰻のヌルヌル感からイメージできる臭い・泥臭さは全く無く、 脂身が多くて旨みが口の中に広がるそうなんです! 小骨も全然感じ、甘味もあって、簡単に言うと美味しいとのことです。

そんな事聞いたら刺身が食べたくなっちゃいますよね!

 
最後に
知ってましたか? ウナギだけではなく、アナゴや鱧にも同様に毒があるそうなんです。
知らないことってあるもんですね~! ウナギやアナゴや鱧にも毒があったなんて、、 本当に毒の『ド』の字も気にせずに食べてましたから、、。

とはいうものの、お店で食べる蒲焼はもちろんの事、 刺身であっても、しっかりと毒抜きをしているはずですので、安心してください。

でも、うなぎの掴み取りの時なんかはちょっと気になっちゃうかもですね。

お気をつけくださいm(_ _)m

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ