お札を小銭に両替する方法!手数料は?無料?土日・休日には?

仕事の都合で小銭を大量に作っておくよう指示をうけていた!あるいは、学園祭の模擬店でおつりを用意しておかなければいけなかった!でもまだ1枚も用意できていない!そんなときはどこに頼ればいい?どうやって必要な枚数の小銭を用意すればいい?

image1

ウロウロといろいろな場所を探すより、見当をつけて効率よく集めていくべき!突然の困ったに役立つお金の話です。

スポンサーリンク

お札を小銭に両替する方法!

まず誰でも思いつくのが銀行。こちらは窓口で両替が可能です。また、両替機を設置している支店もあり、便利に使えます。そして、もしかして郵便局でもできるのは…と思うかもしれませんが、両替というサービスは行っていないようです。しかし、裏技があります。
  1. 窓口(もしくはATM)で預け入れる
  2. その後、ATMで払い戻しする
郵便局のATMでは、端数の小銭を払い戻すことが可能なので、お札での入金を一度に行い、払い戻しを必要に応じて、数回に分ける方法などが考えられます。

image2

手数料は?無料?

銀行では、1日で合計50枚までの両替しか無料にならず、それ以上は手数料がかかります。つまり、お札を50枚以上小銭に両替したいときには手数料の心配がつきまといます。しかし、窓口で両替し、別の支店で同じことを繰り返せば、1日の50枚以上の両替が可能です。注意しなければいけないことがあります。両替機で両替してしまった場合には、キャッシュカードに履歴が残るため、別の支店に行ったとしても両替ができないので、窓口での両替が必須です。
一方、郵便局では通常サービスは行っていないものの、上記の裏技を使えば手数料なしで50枚以上の両替が可能です。その場合は、口座への入出金になるため、口座が必要になります。

スポンサーリンク

土日・休日にできる方法はある?

郵便局のATMでは、休日である土曜・日曜・祝日でも最長9時〜17時で取り扱い可能となっています。詳しい時間については、各店舗により異なるため、確認が必要です。また。郵便局のATMは金種を指定することができないので、引き出し方をあらかじめ考えておくことをおすすめします。
都市圏では、セブンイレブンが両替サービスを開始しているようです。サービスが開始となっている店舗には両替機が設置してあり、平日に銀行に行けない人にも非常に便利なサービスとなっています。
一部銀行には、年中無休営業を特徴としているものもあり、平日と同様のサービスを受けることが可能です。


最後に
image3

いざ必要となった小銭。両替する方法は上に挙げたようにいくつかありますが、やはり事前に準備しておく、直前になっても両替する方法を先に検討しておくというのが大切なように思います。

…とはいうものの、あ!と気づいたときには金曜日の17時以降だったりすると、なんとかして用意しなければいけないという気持ちになります。
また、そのような状況がないとはいえません。多少手数料がかかることは覚悟のうえで、便利なサービスを有効に活用してください。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ