エアコンの室外機の音がうるさいッ!!騒音トラブルも?原因と改善策は?

エアコンの室外機から響く不快な音…?!
騒音となり、隣人とのトラブルが怖くて、暑い夏にエアコンが思うように使えない!
なんてならないように、静かにさせるコツ、方法をお教えします。

スポンサーリンク

室外機の騒音の原因とは?

騒音、一度気づいてしまうと気になって仕方ありませんよね。室外機の役割を理解し、原因を考えてみましょう。
室外機はエアコン本体から指定された温度の風を出す準備段階で働き、その指定された温度にするために、熱を出したり、集めたりしています。具体的には、冷たい風をエアコン本体から出すときは外へ熱を出し、温かい風のときは内へ熱を集めているということになります。室外機の音が大きくなる原因はいくつか挙げられます。

◆室外機のパーツが劣化している
コンプレッサーや送風用のモーターなど

◆室外機にほこりが詰まっている
主にファン

◆室外機自体が振動している
壁とカバーが接触

image1

改善策!

異音がすることがわかっても、素人のわたしたちで対処できる場合もありますが、対処できない場合もあります。わたしたちで確認できることを試してみて、それでも異音が続くようなら業者に依頼するといいと思います。
  1. 室外機から出ている音か、室内機からではないかを確認
    異音がすると、窓を閉めきっていても聞こえます
  2. ファンの掃除
    ファンにほこりや異物が詰まっていないか確認します。
  3. メーカーに依頼
    機種や購入時期によっては無償で騒音測定をしてくれるサービスもあります。
    コンプレッサーなどの摩擦による消耗で部品交換が必要な場合も対処してくれます。
  4. ブロックや防振ゴムの設置
    室外機の足元にブロックや防振ゴムを設置するのも方法です。これらはホームセンターなど身近な場所で手に入ります。

スポンサーリンク

室外機の音で騒音ご近所トラブルも?

近年、騒音によるご近所トラブルも少なくないようです。自治体には騒音対策課という課が設置されており、地域の「騒音」基準値を確認することができ、さらに自宅から出る「音」が基準内かどうかを確認することができます。自分でできる騒音対策に努めている、それでも近所からのクレームや苦情を受けたという方はぜひ利用してみてください。しかし、地域の基準を満たしているからと言って、うちは基準を満たしているので!と言いきれないのがご近所付き合いのまた難しいところでもあります。
そのほか、賃貸の場合は、管理会社に連絡することで、適切に対応してくれることもあります。それぞれの住まいによって最善が異なるので、注意が必要です。

image2
最後に
エアコンは長年使用するもの。室内機、室外機。年々音が大きくなっていませんか。古いから、ではなく、それは間違いなく何か不具合が生じているサインです。早いうちに気づき、対処できれば、まだまだ使える可能性もあります。買い替える羽目にならないよう、ご近所とのトラブルにならないよう、定期的なチェックが大切です。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ