カビ臭い部屋なんて嫌ッ!絶対消臭方法ッ!!

梅雨の季節になってくると出て来る悩み。。。
それは、カビッ!!!
カビ臭い部屋なんて嫌だ~~!!
絶対に消臭しましょう!!

その方法をお教えしますね♪

スポンサーリンク

まずはカビの生息するエリアを特定!

qqkkkk

【カビの発生条件】

カビの繁殖する条件に必要なのは、温度・湿度・養分です。
温度は20℃~30℃で、人が快適に過ごす環境と一致します。 湿度は空気中の水分が多いほど発生し易くなります。

養分となるものは、ほこりから石鹸カスなど色々なものがカビの養分となります。
生息エリアとして筆頭に挙がるのが「バスルーム」温度・湿度・養分が十分に揃っていて、カビがもっとも生息しやすい環境です。

次は洗面所。ここも湿度が高いのが原因です。 冬場に多いのは、窓。結露で窓ガラスやカーテンなどに発生することがあります。

梅雨時は畳や、押し入れの中。
ベッドの下など、湿度がぐっと上がるので要注意。 この梅雨時、意外な場所としては、本棚やタンスの裏が挙げられます。
ほこりが水分を吸って、カビの養分になるからです。 模様替えをして、びっくり!なんてこともあるかもしれません。

カビ発生の予防策

kkkggggggカビが発生する条件は上記に書きましたが、予防するにはどうしたらいいでしょう?

まず、温度に関しては人の快適温度と一致するため対策のしようがありません。

次に湿度こまめに換気をすることが一番大事です。
換気をした時に、エアコンを送風モードにすることや、扇風機などで部屋の空気を循環させるといいでしょう。
湿度が高い時は、エアコンのドライモードを使用する。

梅雨時に洗濯物を部屋干しにする時はサーキュレーターや除湿機などをうまく利用するといいでしょう。
水分が付着した状態を放置しないことも大事です。風呂場・冬場の窓など、水分をできるだけ早く吹き、乾燥させるとカビの発生を抑えることが出来ます。

次に養分
こまめに掃除する」その一言に尽きます。部屋の中の「汚れ」はすべてカビの養分と言えるので、汚れの除去=カビの養分の除去とも言えるのです。常に清潔にしておく事が1番のカビ対策です。

スポンサーリンク

カビ臭い対策紹介!

ggkkkddd発生してしまったカビはまず除去することが大事ですが、どうしても残ってしまうカビ臭さはどうしたらいいでしょうか?
・匂いの気になる部屋に手の平サイズの備長炭を置く。
・容器に重曹を入れて気になるところに置いておく。
・重層を水に溶かして、においが気になる部分にスプレーする。
・カビの発生源を見つけたら、抗菌作用と消臭効果があるスプレーを毎日吹き付ける。
・カビには消毒用エタノールが有効なので、それで一回床・壁などを拭き掃除する。
・頑固な押し入れなどのカビ臭には、70%前後のエタノールを吹き付け、その後換気をして乾燥したら、重曹の水溶液をスプレーしてまた乾燥させる。
など色々な方法があります。

 
最期に
カビは臭いだけでなく、胞子が部屋中に飛んで花粉症のようなアレルギー症状や、気管支などに住み着き風邪のような症状を引き起こし重篤な状態になることもあるそうです。

清潔にすることがカビの発生を抑えそして臭いもなくなるので、こまめな掃除を心がける事が、1番効果があるということですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ