クリーニングの保管期間って?!延長したら延長料金発生する?

あの洋服を着ようと思ったら…あれ?ない?
もしかして、クリーニングに取りに行き忘れている?!gへhげへh慌ててクリーニングの引換券を探すと、日付がずいぶん過ぎている!
なんてこと、いままでに経験はありませんか??
クリーニング店で保管してもらえる期間や追加料金のこと、また最近注目されているサービスなどご紹介します。

スポンサーリンク

クリーニング店での保管期限?!

「〇か月以内にお引取いただけない場合は、責任を負いかねます。」「〇か月を過ぎた場合は、保管料をいただきます」といった文。
引換券に記載しているクリーニング店は、少なくありません。

クリーニングをお願いしていることにハッと気づき、引換券のこの言葉で不安に思った人もいることでしょう。
こう書いてあるということは、クリーニング店には、引き取りにこない洋服類がたくさんあり、店主が頭を悩ませていることがうかがえます。

業者が大手チェーンでは引き取り手のない洋服はいったん工場に移動し、2~3年保管した後、処分する対応をとっていたり、なかには、お客さまと連絡が取れる間は、店舗にて保管しているというクリーニング店もあるようです。

また、引き取り期限が過ぎた洋服類をハンガーにかけて格安の値段で販売している個人経営のクリーニング店があるなど、対応はさまざまです。

 

延長したら延長料金発生?!

上記で話したとおり、期限付きで保管料を求められる場合もあります。span>
しかし、業者や店主によって対応は大きく変わり、「次はないぞ!」とお叱りを受けるだけであったり、「大丈夫ですよ」と普段通りであったりとこちらもさまざまです。


スポンサーリンク

どの位なら保管可能?

傾向として、どのクリーニング店においても2~3年は保管してもらえているように思いますが、クリーニング店によっては、10か月間無料で保管!を売りにしているお店もあるようです。

衣類はきれいなまま、そしてクローゼットは常に片付いている、そんな衣替え時に利用できる便利なサービスとして、調べてみるのもいいかもしれません。
保管サービスを売りにしている業者は多くが宅配サービスをおこなっています。
・お店が開いている時間に店舗に出向くことが難しい
・車がなくたくさんの衣類をもっていくのが大変
・預ける際と引き取る際、2度もお店に行くのが面倒くさい
こんな方にはもってこいです。

忙しいことを言い訳に後回しにしていたクリーニングがさくっと済みます。
とくに大切にしたい衣類は、適切な管理が重要です。クリーニング店により、得意とするサービスが異なります。
こだわりたいポイントと併せて選んでみてはいかがでしょうか。
 
最後に
npjrjjjjクリーニングに保管のサービスを付加したお店も増えてきていますが、思い立ったときにすぐにお願いできる近所のクリーニング屋がやっぱり便利という方もおられるのではないでしょうか。
その際、できるだけ早く取りに行くことを心がけることは、迷惑をかけない大人のマナーとして、考えたいものです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ