タオルの臭いが取れない!臭いを取る3つの方法と日頃からの対策!

タオルの臭いって気になりますよね。

顔を拭いちゃったりするともう最悪!

%ef%bc%91

梅雨時はどうしても外には干せなくなるから特に気になるし、しかも普通の洗濯ではなかなか消えない…。

そんなタオルの臭いを取る方法をご紹介します!

日頃の対策方法もあるんですよ。

しっかりお手入れしていれば意外と長持ちします。

嫌な臭いを消して綺麗なタオルを使ってくださいね!

スポンサーリンク

タオルの臭いの原因って何?

%ef%bc%92

そもそもなんでタオルが臭くなってしまうのか、その原因をチェックしてみましょう。

まずは原因を理解すれば、予防もできるかもしれません!

・生乾き

部屋干しなどが原因で、洗濯物がすっきり乾かない事ってありますよね?

そんな生乾きが臭いの原因になっているんです。

生乾きの状態というのは適度な温度と湿度があるため、菌が繁殖するのにとっても適した状態と言えます。

なので、生乾きになってしまうと菌の繁殖が進み臭いを発するわけです。

乾いているときは臭わないのに、濡れるとまた臭うというのもこれが原因でしょう。

・洗濯槽の汚れ

これはそもそも洗濯機が汚れている場合です。

何度洗濯をしても洗濯機が汚れていては、いくら洗ってもきりがありません。

洗濯機はちゃんと綺麗よ!という方も一度確認してみてください。

一見きれいに見える洗濯機でも、洗濯槽にはたくさんの皮脂や汚れがついています

そのため定期的に洗濯機の掃除をするのがおすすめです。

 

日頃から出来る臭い対策を紹介!雑菌を増やさない為の方法!

%ef%bc%93

・放置しない

洗濯機が止まってもしばらくそのままにしていませんか?

洗濯かごに移しているだけというのもいただけません。

忙しくてついつい放っておいているかも…。

そんな方は要注意!

洗濯機の中に入れたままにしておくと、湿度も温度もある環境なので菌がどんどん繁殖します。

洗濯が終わったらできるだけ早く干しましょう

・乾燥機を使う

乾燥機があるお宅なら、乾燥機にかけてしまいましょう。

これなら天気も関係なくしっかり乾きますよ。

さらに熱も加わるので殺菌効果も期待できます。

乾燥機が家にないという場合は、コインランドリーを利用するのがおすすめです。

梅雨時期だけでも乾燥機を使えば臭いはだいぶ軽減されます。

・扇風機や除湿器を使う

すぐに乾かず長い時間湿った状態でおいておくと、干していても菌は繁殖します。

なので扇風機や除湿器を使って迅速に乾かしましょう

・臭いに効果のある洗剤を使う

部屋干し用洗剤や抗菌効果のある洗剤を使ってみてはいかがでしょう?

酵素や漂白剤が入っている物汚はれをよく落としてくれるので、日頃から使っていれば臭い対策になります。

なによりも臭いがする前にタオルを清潔に保つことが大切です。

・洗濯機を清潔に保つ

洗濯機には目には見えない汚れがついています。

定期的に洗濯機用の洗剤で洗濯槽の掃除をしましょう。

皮脂汚れもついているので、水よりもお湯の方がおすすめです。

掃除をする間隔は商品によってさまざまなので、説明書の指示に従ってください。

しばらく掃除をしていないという場合は、2回ほど繰り返し掃除したほうがいいでしょう。

洗濯が終わったら蓋は開けたままにして、湿気を逃がしてください。

蓋を閉めてじめじめの状態が続くと、せっかく綺麗にした洗濯機にまたカビが生えてしまいます。

・干し方を工夫する

洗濯物を干すときには間隔をあけて干しましょう

きつきつに並べて干してしまうと、風が通らず乾きにくくなってしまいます。

湿った状態が続くとまた菌が繁殖してしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

タオルについたくさい臭いを取る3つの効果的な方法!

%ef%bc%94

もうすでに嫌なにおいがするタオルは、以下の方法を試してみてください。

家でも簡単にできますし、特別な物は必要ありません。

・煮沸消毒で殺菌

お鍋にお湯を沸かして、15~20分程度ぐつぐつ煮込むだけです。

その後普段通りに洗濯してください。

しかしこの方法は生地にダメージを与えることになり、色落ちの原因にもなりかねません。

手軽ではあるのですが、お鍋でタオルを煮ることに抵抗がある方はほかの方法がおすすめです。

・酸素系漂白剤につける

酸素系漂白剤は水に溶けると活性酸素を発生させ、これが菌に対して効果を発揮します。

40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、タオルを付けておくだけです。

1~2時間程度つけたら、良くすすいで干しましょう。

この時に酸素系漂白剤の濃度は、つけおき又は染み抜きの表示に従ってください。

ここで注意しておきたいのが、漂白剤にも種類があるという点です。

酸素系漂白剤は汚れと菌を落としてくれるのですが、塩素系漂白剤は色まで落としてしまいます。

菌と一緒に可愛い柄まで落としてしまうことがないように気を付けてくださいね。

・重曹で洗う

1回の洗濯に対しスプーン3.4杯程度の量でOKです。

洗濯物の量にもよるのですが、そこは調整が必要ですね。

洗濯物と重曹を淹れたら、いつも通り洗剤を入れて洗濯機を回すだけです。

重曹はいろいろなおそうじにも一役買ってくれるので、持っていると便利ですよ。

食用掃除用がありますが、どちらでも使えます。

お料理にも使いたいという方は食用がおすすめです。

 

最後に

%ef%bc%95

いかがでしたか?

臭いが気になるタオルは捨てるしかないと思っていた方も多いのではないでしょうか?

しかし臭いを取る方法や予防法はこんなにあるんです!

家でも簡単にできることばかりなので、ちょっとチャレンジしてみてください。

タオルが清潔だと使った時に気持ちがいいですよね!

ぜひタオルも気分もすっきりしてください!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ