ノーマルタイヤで雪道を走る事は交通違反になりますか?罰則は!?

家を出た時には雪は降っていなかったのに、ある場所を過ぎたら急に雪が沢山降ってきて、どんどん積もり始めて、しかも雪道に対する装備を何も準備していなくて焦った経験はありませんか?

%ef%bc%91

「何も準備していないし、別に交通違反でもないからこのままそろそろと運転していけば何とかなるだろう」と考えて、そのままの状態で運転してしまったなどと言う方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、本当の所はどうなのでしょう?

これは交通違反になるのでしょうか?

また罰則なども課せられてしまうのでしょうか?

今回は、雪道をノーマルタイヤで走る事について違反であるのか?

また、罰則はあるのかについてお話していきます。

スポンサーリンク

ノーマルタイヤで雪道を走る事は交通違反になりますか?

意外と知られていない事ですが、各都道府県によってルールは多少異なりますが、実はノーマルタイヤで雪道を走る事は交通違反になります。

これは、道路交通法で定められているのです。

%ef%bc%92

積雪又は凍結して滑る恐れのある道路では自動車(二輪をを覗く)を運転するときは全タイヤにタイヤチェーンを取り付ける事

全車輪に雪道用の滑り止め効果のあるスノータイヤを取り付ける事

と規定されています。

どこの都道府県も大体、似たような事が定められています。

 

罰則は?

では、この交通違反に対しての罰則はどんなものなのでしょうか?

%ef%bc%93

これらの規制に違反した場合は、道路交通法違反として交通反則通告制度のもと、5,000円~7,000円の反則金が課せられてしまいます。

しかし、反則金を支払う期日を過ぎたり、交通っ事故を起こしてしまった場合には、刑事裁判となり50,000円以下の罰金に処せられてしまいます。

払いたくない気持ちはわかりますが、期日はしっかり守って罰金を支払ってしまった方が良いですね。

また、雪道をノーマルタイヤで走り、事故を起こし他人に損害を与えてしまった場合には、高い過失の割合を問われて、多額の損害賠償責任を負わなければなりません。

死亡事故を起こした場合には、自動車運転し商行為処罰法により過失運転致死傷罪に問われて、7年以下の懲役、もしくは禁錮、又は100万円以下の罰金に処せられます。

スポンサーリンク

重過失事故を起こしやすい!

ノーマルタイヤのままで雪道を走ると、非常にスリップしやすくなります。

スリップした事で、ハンドルをコントロールできなくなり前方の車に激突してしまったり、センターラインを越え、向かってくる車にぶつかって大きな事故を引き起こす可能性があります。

雪道は、チェーンを付けた状態でも滑る事も有りますので、ノーマルタイヤでスリップして他の車とぶつかり、また、その車が別の車にぶつかり・・・というように、連鎖でどんどん大きな事故へと発展する可能性もあるのです。

道路横を歩いている人や自転車、バイクに乗っている人達の事も避けきれずにひいてしまう可能性もあるのです。

ほんの少しの心のスキが大きな事故を引き起こしてしまう可能性があると言う事です。

%ef%bc%94

 

雪があまり降らない地域の人は注意!突然の雪に対応できるように事前の準備を!

雪の多い地域に住んでいる人たちは、常に準備が出来ていますし、走り方にも慣れています。

ですが、あまり雪が降らない地域の人が突然の雪に遭遇すると、ちょっとしたパニックになってしまう事が多いです。

%ef%bc%95

そんな雪が滅多に降らない地域の人たちが突然の雪に対応するにはどうすればいいのでしょうか?

☆雪対応グッズを常に車の中に準備しておく☆

1、タイヤチェーン

最近では重い鎖状のものではなく、軽くて簡単に取り付けられる非金属の商品も販売されています。

スプレー式タイヤチェーンという応急処置用のチェーンもあるそうです。

2、スノーカバー

タイヤチェーンを取り付けるのは面倒だし、スノータイヤは滅多に使わないから買うのが勿体ないと言う方は、ただカバーをタイヤに被せるだけで、スノータイヤの様な状態になってすごく簡単で便利。

3、ブースターケーブル・バッテリーケーブル

万が一、寒さのせいでバッテリーが上がってしまった時の為に!

4、解凍スプレー

車のガラス窓が凍結してしまった時に使うもの。

シュシュっとかけるだけで、窓の凍結を溶かしてくれる優れもの!

 

最後に

雪道でも何とかなるから、ノーマルタイヤで走ってしまえ!と今まで走ってしまっていたドライバー皆さんは、今回の記事を読んで、少し身が引き締まったのではないでしょうか。

%ef%bc%96

ノーマルタイヤで雪道を走って事故を起こして、他人を巻き込んでしまうと、大きな倍賞責任を負わなければならないと言う事です。

雪が少ない場所に住んでいるから大丈夫!と軽く考えないで、いつでもどんな時でも対応が出来るように、必ず雪道に必要な物を車の中に準備しておきましょう。

事故を起こしてしまってからでは遅いです。

取り返しのつかないことにならないように雪道に限らず、運転にはいつでも注意して楽しいドライブや安全な通勤をしたいものですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ