ワイシャツの襟の落ちない黄ばみを重層で落とすッ?!

キレイに洗ったワイシャツでも、だんだんと襟の黄ばみが気になりますよね?

キレイに洗ってアイロンをかけても、黄ばみがあるだけで少しだらしない感じがしますし、クールビズの季節はノージャケットなので、出勤すると汚れがいつもより目立ってしまいます。
そんな黄ばみをスッキリとキレイに落とすには重層が最適!重層とは何か?から使い方。普段の生活でできる黄ばみ対策を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

重層ってそもそも何?

image1

別名、ベーキングソーダ・炭酸水素ナトリウムと呼ばれています。

研磨作用】粒子がとても細かくパウダー状で、水を加えると粒子が丸い結晶となり
研磨剤として汚れを落とします。

中和作用】油汚れなど身の回りの汚れは酸性で、弱アルカリ性の重曹が、
酸性の汚れを中和して水に溶けやすくします。

軟水作用】重曹は水を柔らかくします。
軟水化すると汚れがよく落ちて肌にもやさしくなります。

消臭作用】臭いの多くは酸性です。重曹は臭いの元と反応して中和させ臭いを取り除きます。

保存する際は密閉して風通しのよい冷暗所に置きましょう。時間がたつと性質が変化するので掃除、洗濯には問題ありませんが、入浴、飲食はやめましょう

 

ワイシャツの襟の落ちない黄ばみを重層で落とす!

image2
  1. 酸素系漂白剤と重層1:1で混ぜます。
  2. いらない歯ブラシなどを使って、襟の汚れの気になる部分に塗りこみます。
  3. 漂白効果をUPさせるため、ドライヤーの熱風を当てます。
  4. 軽く水洗いして、普通に洗濯機で洗います。
白いシャツ、もしくは白いシャツに模様が付いたシャツの汚れ落としに使用してください。色物のばあいですと色落ちしてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

そもそも黄ばみの原因は?

image3

ワイシャツの襟や袖口の部分が汚れていく原因は、人間の汗の皮脂やたんぱく質が付着して起こる「黄ばみ」。その「黄ばみ」の上にほこりなどの汚れが付着して「黒ずみ」になります。

黄ばみを放置しておくと、黒ずみになりその汚れが邪魔をして漂白剤が黄ばみまで届かなくなり、汚れが落ちにくくなります。皮脂汚れは放置しないで早めの洗濯が肝心です。

 

日頃から出来る黄ばみ対策!

image4

ワイシャツにだけでなく他の衣類でも言えることですが、黄ばんでしまう前に予防をするのが1番の対策になります。
  1. 汗をかいたらこまめに拭く
  2. 洗濯・アイロン後のシャツの襟にベビーパウダーを塗る
  3. アイロン時に襟を糊付けする
  4. 汚れが付着した状態で放置しない
  5. すぐに洗濯できない場合はお湯(50~60℃が漂白に適しています)に漂白剤を入れて浸しておく
  6. こまめに漂白剤を使って洗濯する
 
最期に
真っ白な襟元、袖口は清潔感があります。他の部分がおしゃれでも汚れが目立っていては台無しになってしまいます。
夏は結構汗を掻くのできちんと対策しようと思いますが、皮脂の分泌量から言えば冬の方が多いので、年中対策が必要になってきます。
クリーニングもうまく利用して、清潔感のあるシャツで気持ち良く過ごしたいですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ