中秋の名月!2015年はいつなの?満月はいつ?

毎日忙しなく仕事や家事。学業や部活に追われていると、季節の移り変わりに鈍感になりがちです。
これからの季節、月が一番きれいな季節と言われています。今年はゆっくり空を見上げてのんびりきれいなものを見る時間を持ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

中秋の名月はいつ?

image1

中秋の名月と言われるものは、「十五夜」と呼ばれ、旧暦8月15日に見ることのできる月の事を指します。旧暦では秋は7~9月で、8月は真ん中に位置するため「中秋」と呼ばれます

秋は1番空気が澄んで月が明るく美しいと言われ、平安時代より十五夜には月を観賞する「観月の宴」が催されて来たようです。江戸時代には、そちらの宴と秋の収穫を感謝するお祭りが合わさって、現在のお月見の形になったそうです。
旧暦は太陰暦で月を基準とした暦なので、今の暦とは違い「中秋の名月」と呼ばれる旧暦8月15日も毎年違う日になります。
今年2015年は9月27日が「中秋の名月」になります。

 

満月はいつ?

image2

十五夜は満月に近い日ですが、必ず満月というわけではありません。新月から満月に至る期間が15日ぴったりではないからです。そのため毎年多少の誤差があり、今年の中秋の名月も完全な満月ではなく、少し欠けた月になるそうです
では、満月はいつか?というと、9月28日が完全な満月となります。

スポンサーリンク

中秋の名月には何を食べて、何をする?

image3

お月見と言えば「お月見団子米の収穫を祝い、米粉を丸めて団子にして供えたのが始まりと言われています。
年間の満月の数12コを供える地域と、十五夜に掛けて15コ供える地域があるそうです。今年は手作り団子を供えてみてはいかがですか?

もう一つは「里芋」や「さつま芋」芋の収穫を祝うものでもあるため、団子と一緒にお供え物にされるそうです。

すすきを飾るのは稲穂に似ているからという説があります。稲穂を飾る場合もあります。季節の花々を飾りお供え物を用意して、月見て一杯なんていかがですか?

 

どこでお月見します?

image4

ベランダから月が見えるのなら、テーブルやお供え物を用意して、のんびり月見酒もいいと思います。
秋の夜長そんな楽しみ方も風流でいいではじゃないでしょうか。
他には、その時期お月見を楽しむイベントごとが各地で行われていると思います。月と一緒に雅楽などの音楽を楽しんだり、又は月に因んだお料理を食べてみたり、目一杯季節を感じてみて下さい。

【番外編】十五夜=中秋の名月の他に十三夜と十日夜があることを知ってた?

image5

「中秋の名月・十五夜」は1番美しい月と言われていますが、他にも十三夜(じゅうさんや)、十日夜(とおかんや)のお月見行事があるのを皆さん知っていますか?
十三夜とは、中秋の名月の後に巡ってくる旧暦9月13日のお月見のことです。十三夜は、十五夜に次いで美しい月と言われ、十五夜若しくは十三夜のいずれか片方のお月見のみすることを「片見月」と言って、縁起が良くないと考えられています。
今年の十三夜は10月25日です

十日夜というのは旧暦10月10日に催される収穫を祝福するお祭で、東日本を中心に催されているのだそうです。
西日本では旧暦10月亥の子の日や11月に、同じような収穫祭が行われているそうです。
現在では、十日夜はお月見がメインではなく、月齢に関わらず新暦の11月10日に祭りを行う地方が多くなりました。しかし、昔から十五夜、十三夜、十日夜の3日間が晴れてお月見ができると縁起が良いとされています。
最期に
ゆっくり空を見上げる時間もないほど忙しくしている現代人。昔の行事に倣って、美しいものをのんびりと見て楽しむ時間は、外の出来事に振り回されがちな自分を取り戻すいい切掛けになるのかもしれません。
すすきとお団子。お芋の準備をして、今年は月を見上げてみませんか?

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ