五月の季語を使い挨拶/手紙を書こう!五月の季語と使い方を紹介♪

手紙の書き方は、それぞれのお国柄と文化が表れるものです。    hjosdhfgsdfs特に日本では、万葉の時代から、手紙は大切な文化の一役を担ってきました。
手紙は、詩的文学であり芸術とさえ言われます。

直接的にではなく、相手を思い遣り、季語を使うことで、情緒を表しますので、
ご挨拶・お手紙を書く際にはぜひ活用しましょう♪


スポンサーリンク

五月の季語の紹介

五月の季語には、

「新緑の候」「薫風の候」「立夏の候」「晩春の候」「五月晴れ」「小春日和」「向暑の候」「初夏」

などがあります。

これら全てが、二十四節気を基にした季節を表す言葉です。

手紙を書く場合は、その書き出しにこれらの季語をいれると、相手に礼を尽くすことになり、同時に相手に対し気持の良い感情を導き出します。

手紙を書き出す上で、相手にその手紙を読ませる導入部分的なものです。

特に日本人の手紙文化においては、欠かせない大切なものです。

挨拶/手紙での季語の使い方について

日本には四季があり、その四季をあらわす美しい言葉が色々あります。

手紙の冒頭に挿入する時節の挨拶は、天気や気候、季節の移り変わりを日本人らしい情緒豊かな表現で、寒暖の差など季節の変化を表すことによって、手紙全体を詩的に素敵なものにつくり上げる効果があります。

最近では、あまりこのような時候の挨拶、季節の言葉などを挿入することが少なくなり、西欧的な無感情でビジネスライクな手紙が多くなってしまいました。

しかし、季節感を織り込むことによって、日本人は詩的に手紙でのおもてなしをしてきたのです。

そして、季語を最初に持ってきて、そこから挨拶文へとつなげ、本文につなげたのです。

hflfafsa

世界に類を見ない手紙という芸術!
日本人のおもてなしの心が表れているんですね♪

スポンサーリンク

文例を紹介します。

それではここで、いくつかの文例をあげていくことにします。

「鯉のぼりが気持よさそうに泳いでいます。」
「新緑の香りがすがすがしい季節になりました。」
「五月の空が気持よく晴れ渡っています。」
「薫風る季節となりました」
「田んぼの蛙が鳴き始めました。」
「緑芽が日増しにその色を増しています。」
「田を渡る風が気持の良い季節となりました。」
「五月の晴れ渡る空」
「大空に鯉のぼり躍るころ」
「牡丹の花が咲き誇り」
「新緑の色増す頃」
「初夏の風もさわやかな頃となり」
「新緑の候、少しずつ熱くなってきましたが、如何お過ごしですか?」
「新緑の候、街頭の木々が青くなってきました」
「新緑の候、鯉のぼりが青い空を泳いでいるのを見ました。もうすぐ夏ですね。」
「立夏の候、新緑がすがすがしい季節になりました」
「立夏の候、新緑が日増しにその色を増していきます」
「立夏の候、若葉が美しい季節となりました」
「立夏の候、皆様お元気にお過ごしと存じます」
「立夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」

これらはあくまで例文ですが、参考にして貴方独自の季節感を盛り込みアレンジすれば、素敵な挨拶文になることでしょう。fpoffwfw

季語や時候の挨拶は、日本人のおもてなしの心が、手紙にも表れているものです。

相手を思い遣り、季節を織り込むことで、素敵な趣を醸し出し手紙を送る相手へのおもてなしをしているのが季語や時候の挨拶文です。

貴方も、季語や時候の挨拶を取り入れ、日本人らしいおもてなしの心を盛り込んだ素敵な手紙を書いてみましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ