五月晴れについて恥ずかしい間違いをしてる?!読み方と意味!

nobssgs五月の晴れ書いて「さつきばれ」。響きが気持ちいい言葉です。この五月晴れは、時が経つとともに、使われ方が変化してきました

当初から晴れというのはの晴れ」「合間晴天を指しいたのですが近年は暦の5の晴れ」の意味合いで活用されるように変わり、広辞苑や日本国語大辞典などの主な国語辞書にも掲載されています。

ただし、現在も俳句の季語としては、本来の意味で使う場合が多く、「陽暦五月の快晴を五月晴れというのは誤用」と明記してある歳時記もあります。

スポンサーリンク

五月晴れの読み方は?


「さつきばれ」「ごがつばれ」

2種類の読み方があります。どちらも意味は同じ、というわけではありません。それぞれに意味があるので注意が必要です。

 

意味は?

「さつきばれ」
→陰暦5月にみられる、梅雨の合間の晴れをいいます。

「ごがつばれ」
→新暦5月の晴れの日をいいます。

 

kkggss五月晴れ(さつきばれ)」とは、「五月雨(さみだれ)」と同様に、日本の気候の特徴を表した言葉で、「五月(さつき)」は旧暦・陰暦の呼称だと理解されていました。暦として考えると、睦月、如月、弥生…などの和風月名は自然歴とよばれる素朴な暦から発したとされ、さつきとは、稲作と強く結びついた言葉であり、稲作の作業つまり田植えが始まる月という意味合いがあったとされています。

【五月雨を 集めてはやし 最上川 (松尾芭蕉)】

これは、芭蕉が梅雨の時期に増水した最上川をうたったもので、梅雨の時期にはめずらしく晴天だったという気持ちが込められていることからも、「五月晴れ」がどのように考えられていたかがわかります。

スポンサーリンク

読み方が変化して来ている。

「さつきばれ」

梅雨の長雨で、空も気分もすぐれないときにすがすがしい晴れ間がみえたときに使う言葉です。俳句の季語では、梅雨あけ直後の晴れ間も「さつきばれ」とよぶことから、初夏の季語として使われます。

「ごがつばれ」

世間一般には、「ごがつばれ」と読む機会は少なく、「さつきばれ」と読むことが正しいとされる場面が多いですが、言葉は生きものというように、時代でどんどん変化していくことを考えると今後は「ごがつばれ」と読むことが当たり前になるかもしれません。
jgpgwsgws

 
最後に
「五月晴れ」のように、使われ方が変化した言葉は多くあります。「小春日和」もそのなかのひとつです。春の陽気な気候として使われることが定着していますが、初冬のころの、春のように穏やかな気候を意味します。小春とは陰暦で10月の異名とされ、秋から冬に移るあたたかい日に用いる言葉です。うっかり、今日は小春日和ですね!などと使ってしまわないよう気をつけたいものです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ