会社・企業の労働組合に入るメリット・デメリットは?

解雇や賃金不払いなど、労働契約条件に関するさまざまな問題が職場では起こっています。

わたしたち働く者が、職場で起こった問題、改善したいと考えている条件を解決するために、労働組合について正しく理解しましょう。使用者と対等に話せる助けになってくれるはずです。

スポンサーリンク

労働組合とは?

労働組合は、労働者が団結して、賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るためにつくる団体であると定義されています。

労働条件の維持改善のために、労働条件の実態を調べ、勉強会で研究が行われます。
企業により、ユニオン・ショップ制をとっている場合があり、これは全ての社員に組合加入を義務化した制度です。

自分の働いている会社の労働組合について、ご存知ですか。
「労働組合とは何か??」についての説明動画↑

 

メリットとは?

最大のメリット、それは労働組合の活動が法律で守られていることにあり、使用者から急な解雇通知を受けたり、減給や転勤を命じられたり、そのような不当待遇について、組合員一同が反対・抗議できます。

つまり対等に話し合いができる権利団体交渉権が得られ使用者と話し合いの場を持つことができます。
団体交渉は、正当な理由なく拒否することができず拒否した場合には禁固刑など厳しい罰則があるとされています

しかし、働いているところには労働組合がない!という方もおられることでしょう。

労働組合は2人以上で自由に結成することができ、役所などへの届け出が必要なわけでも、使用者の承認が必要なわけでもありません。
原則として結成する際は、事業所や支店ごとである必要がありますが、最近はその範囲を超えた労働組合もあります。

スポンサーリンク


デメリットとは?

fgれwしかし、メリットばかりではありません。デメリットもきちんと把握しておく必要があります。
労働組合は社員によって成り立っているため、運営に費用が掛かり、組合費を支払わなければいけません。

そのほかにも、役がまわってくることや、組合の会議や研修会に参加することも必要となり、就業時間以外での時間も必要となります。

 

結論!?

わたしたちが働いている会社をブラック企業化させない、という点に労働組合の価値を見出している人もいます。

組合員の不満や苦情を使用者側に伝えやすくすることで、日々の働きぶりが公正に評価されるようにするだけでなく、経営に関する情報が入りやすくなることで企業のイメージアップにつながったりなど、職場の風通しをよくするためです。

多くの人はなにかあったときのための‘保険’として加入するのが賢明と考えているように思いますが、本人にとってのメリット・デメリットはそれぞれの状況によって違いそうです

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ