古いエアコンの電気代はすごく高いッ?!買い換えた方がお得?

猛暑が続く昨今の夏、どうしても暑いのでエアコンをつけっぱなしになりがちです。そこで心配なのは電気代。古いエアコンを新しいエアコンに買い換えたら、電気代を節約できるのでしょうか。

image1

案外この問題、悩んでいる人多いみたいなので、今回は古いエアコンを買い換えると電気代を節約できるのか調べてみました。

スポンサーリンク

古いエアコンの電気代はすごく高い?!

image2

古いエアコンの電気代は、すごく高いと思い込みがちですが、実は必ずしもそうではないようです。
確かに、新型機種は電気の使用料が古いエアコンより少ない機能が多いです。

ところが、その反面、最近の新型エアコンのスペックを確かめてみると実は最近のエアコンの消費電力は5.6kwの物が多いのです。
ところが、10年前の主流は5.0kwで、その差何と1635kwも単純計算で消費電力量が多くなってしまうのです。
この辺のことをチェックしておかないと、逆に電気代が高くなってしまうこともあります。

但し、抑えておかないといけないのは、やはり古いエアコンは買った当時より無駄な消費電力が多くなって効率が悪くなってきています。なので、電気代が高くなってきていると感じるのです。

スポンサーリンク

エアコンを新しく買い換えたら電気代がこんなに?!

参考例をあげてみます。15年前に購入したエアコンの1時間当たりの消費電力量は、約1080wで27円程度です。

それが、10年前のエアコンだと1時間当たり755wで19円になります。ところが、最新型に買い替えた場合は、1時間当たりの消費電力は、約605w程度になり15円に収まります。
あくまで例ですが、間違いなく電気代を節約できることになります。

image3

この数字からもわかるように、1日8時間、1ヶ月間使用すると、単純計算で2880円の差がでます。
間違いなく、新しいエアコンに買い替えた方が得だということになります。

 

買い換えたら結果お得に?

一般的に、エアコンは10年過ぎたら買い替え時だと言われています。

何故なら、単純に電気消費量だけでなく、スペックや性能も進化するからです。

最近の機種は、ほとんどの機種が、省エネモードが搭載されていて、最適な体感温度に保ちながら、省エネも可能になっている機種が主流になっています。買い替えてお得、という結果になることは間違いありません。

 
最後に
3.11東北大震災以来、原発が稼働しなくなり、電気代もあがってしまったので、電機メーカー各社は、省エネモード搭載機種を主流に販売しています。

新しいエアコンに買い換えれば、間違いなく電気代を節約することができます
但し、それまで使っていたものとスペックをチェックして買い換えないと、かえって電気代が掛かるように感じてしまうようになることもあるので要注意です。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ