台風と温帯低気圧と熱帯低気圧の違いとは?風速や雨量や勢いは?

夏に入ると日本には毎年、いくつかの台風が上陸します。

そんな時、天気予報を観ていると、台風も温帯低気圧も熱帯低気圧も全部同じなのでは?
一体、何が違うのだろう?

と思う事はありませんか?

きっとその都度、天気予報士は明確に説明しているのでしょうが、私達は普段それほどその違いに注意を向けていないので、聞き逃してしまっているのかもしれません。

今回は、ともするとサ~っと聞き流してしまいがちな、台風と温帯低気圧と熱帯低気圧の違いについてお話していきます。

スポンサーリンク

台風が温帯低気圧や熱帯低気圧に変わったってどういう事?

では、そもそも台風とは一体、何なのでしょうか?

まずは、そこからお話していきましょう!

まず、熱帯の上海で発生する低気圧の事を熱帯低気圧と言います

このうち赤道より北東経180度より西の領域、または南シナ海に存在していて、なおかつ低気圧城内の最大風速(10分間の平均)がおよそ17,2m/s(34ノット、風力8)以上の物台風と呼びます。

台風は温かい海面から供給された水蒸気が凝固して雲粒になる時に放出される熱をエネルギーとして発達していきます。

しかし、移動する際に海面や地上との摩擦により絶えずエネルギーを失っていて、仮にエネルギーの供給がなくなれば、発生から2~3日で消滅してしまうのです。

そして、日本付近に接近すると上空に寒気が流れ込むようになり、次第に台風本来の性質を失って温帯低気圧に変わります。

また、熱エネルギーの供給が少なくなって台風の勢いが衰える事で、熱帯低気圧に変わるのです。

台風が上陸すると、水蒸気の供給が絶たれ、陸地の摩擦によりエネルギーが失われるので、急速に台風の力が衰えるのです。

%ef%bc%91

 

台風じゃなくなったと言う事は・・・風速や雨量や勢いは?

%ef%bc%92

さて、台風じゃなくなった温帯低気圧熱帯低気圧・・・と言う事は、風速や雨の量は弱まるのでしょうか?

上記では、台風の熱エネルギーの供給が少なくなって勢いが衰える事で、台風から熱帯低気圧に変わるとお伝えしましたが、逆に考えれば熱帯低気圧が発達して最大風速が17m/s以上になることによって台風になるのです。

ですので、もともと、熱帯低気圧は台風ほどではありませんが、強い風と雨を伴っているのです。

よって、熱帯低気圧は風、雨の量共に強く勢いのある物です。

まだ、安心できない状態ですね。

では、温帯低気圧はどうでしょうか?

温帯と言うと少し弱まったようなイメージになりますが、実は台風の構造が変わっただけであって、台風が弱まったと言うわけではないのです。

台風は風や雨が強いのは中心付近に集中しているのに対し、温帯低気圧は雨、風が広範囲にわたって強いという特徴があります

ですので、どちらも台風でなくなったとは言え安心のできない状態であり、注意が必要だと言う事です。

スポンサーリンク

台風と温帯低気圧と熱帯低気圧の違いとは?

%ef%bc%93

それでは、台風、温帯低気圧、熱帯低気圧この三つは何が違うのかをお伝えしていきます。

まず、前述したように「台風」は熱帯低気圧が発達して、北西太平洋や南シナ海上で中心付近の最大風速が17,2m/s以上になった状態を台風と言いましたね。

と言う事は、「熱帯低気圧」は最大風速が17,2m/s以下の状態であるだけで、基本的には同じものなのです。

台風はその地域や最大風速によって呼び名があり、最大風速が17,2m/sの物を「サイクローン」
最大風速が32,7m/sの物を「ハリケーン」と呼んでいます。

「温帯低気圧」は、主に赤道からの暖気と両極からの寒気が接触しやすい中緯度で発生し、上昇しながら北上する暖気と下降しながら南下する寒気の渦の中心が上昇気流となって温暖前線、寒冷前線を伴った低気圧になります。

つまり「台風、熱帯低気圧」は、中心付近には温かい空気のみが存在しますが、そこに冷たい空気が入り込み、もはや暖かい空気だけとは言えない状態となった時に、台風の構造が変化して、この台風が変化した構造の事を「温帯低気圧」と言うのです。

そして、この状態から再び暖かい状態に戻る事は難しく、一度、温帯低気圧になると基本的に後戻りはしないのです。

 

最後に

台風は短期間の間に大量の雨や強風を伴う自然が作り出す大きなパワーです。

時には私たちの生活を脅かす、大きな災害をもたらします。

台風がもたらす災害は、きわめて大きい物ですが、被害を未然に防いだり軽減させることができます。

・非常用品を準備しておく。
・窓は雨戸を閉めたり、ガラスが割れないようにビニール、テープなどで補強する。
・風や雨で飛んだり倒れたりしそうな物は、家の中にしまう、又は補強する、
・ラジオ、テレビなどから、情報をチェック!
・避難の指示が出たら、落ち着いて従う。
・川が増水している場所や海の近くなど、興味本位に近づかない!
・避難場所を確認し、その場所までの経路も確認する。
・もし、避難することになったら火の始末をする。


など、身を守る方法はこの他にも有ると思いますので「まさか!」の時の為に、きちんと準備をしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ