大掃除!効果的にやるには順番・進め方が大事?!

年末までにどうしてもやらなければならないのが「大掃除」。

普段やらないところの掃除を含め、家中を掃除しなければいけないので、非常に大変ですよね(^_^;)hpgwgwwww今年の汚れは、今年のうちに綺麗にしましょう!
なんてフレーズをよく耳にしますが
家中すみからすみまでなんて無理!!!とすでに諦めている方も多いのではないでしょうか??

1年間溜まった汚れをキレイにする「大掃除」。
普段は、面倒だからとほったらかしにしてきた場所も、この機会にキレイに掃除ができると良いですよね♪

年末までにしっかり掃除して、綺麗な気持ちで新年を迎えたい!!
けど、毎年、毎年、大掃除に悪戦苦闘している・・・。

そんなお悩みをお持ちの方は必見です\(^o^)/

大掃除の順番コツさえ押さえれば、どんな方でも年末までに大掃除を完了させて、
気持ち良い新年が迎えられますよ!

スポンサーリンク

大掃除の順番・手順のポイント!

大掃除ってどこから手をつけていったらいいのか・・・。
まずは、その順番や手順のポイントをご紹介させていただきます☆

その1,計画を立てる!!
目についたところから掃除をするなど、無計画に進めるのではなく、
リストを作って計画的に進めるのがベストです。
また、大掃除に限っては、1日で終わらせようとするのではなく数日ほど時間をかけて行いましょう。

その2,高いところから掃除を!
掃除のコツは、高いところから掃除をすることが基本です。
例えば、1室の部屋を掃除するときは、まずエアコンや電気・カーテンレール・壁など高い位置にあるものを掃除することで、床にホコリが落ちますよね。
もし、床を1番に掃除してしまうと、そのあとに、エアコンなど掃除したらせっかくキレイにした床に上からホコリが落ちて、また床を掃除しなければならない、いわゆる2度手間になってしまうのです。
なので、高いところから掃除を進めましょう♪

その3,狭い場所(空間・部屋・トイレなど)から掃除を!
狭い場所は、後回しにしてしまったり、手を抜いてしまいがちになるようなので、まずは広い部屋ではなく狭い場所から掃除をすると良いです。
例えば、トイレ→お風呂→押入れ・物置→キッチンというように、狭い場所から片付けるようにすると、普段きれいに掃除ができていない場所もキレイになります。まさに、大掃除!

その4,窓やベランダ、屋外の掃除は寒くなる前に・・・
水掃除が多い窓やベランダはで掃除を行う時期が、12月ではとても寒さを感じます。
寒い想いをしながら掃除をするなんて嫌ですよね・・・。寒さによって、掃除のモチベーションも下がるとのこと!!
なので12月に入ったらすぐ屋外の掃除を始めると良いですよ♪
早い人は、10月から始める人もみえるそうですよ!

その5,大掃除に使う道具は、わかりやすい場所に
大掃除をする前に、必要な道具は事前に用意しておくことで時間のムダを防ぎましょう!
たとえば、家族間で「お母さんに聞かなきゃ雑巾の場所がわからない」などよくある話です。
道具を探すこの時間が勿体ないと思ったことはおありませんか?
どの道具がどこにあるのか、わかりやすい場所に用意しておく、家族一人一人・個人が把握することも大掃除の効率よく進める手順のポイントです。

その6,放置系掃除が最適な場所を把握!
放置系掃除というのは、洗剤をかけてから時間をおき、カビや汚れをとる掃除の方法です。
パイプ汚れや油汚れなど水回りの掃除は、放置してキレイになる洗剤(漂白洗剤など)を活用して体力・気力消耗を防ぎましょう。

その7,思い切って!!使わないものは捨てる。
物を大切にすることも大事なのですが、大掃除のときは思い切りが大切
使わない家具、衣類などは思い切って粗大ごみなどに出してサッパリしましょう!!

以上のことが、順番と手順のポイントとなります(*^^*)
是非、大掃除前に掃除リストなどを作って計画をたててみてください♪

スポンサーリンク

実際の順番をお教えします!

先ほど、高い場所から掃除することをご説明させていただきましたが、そこをもう少し具体的にご説明させていただきます\(^o^)/

基本は、どんな部屋でも高いところから掃除をはじめます。
そして、狭い場所(トイレなど)から掃除をはじめると良いです。

掃除する部屋の順番の例えとしては、
トイレ→お風呂場→脱衣所→キッチン→玄関→各部屋→リビング
など、小さい部屋から段々に広い部屋へ掃除をしていくと良いです。

各部屋、高いところから掃除をはじめるので、電気やカーテンレールなどのホコリを落とし
次に家具や家電などの掃除を。
床の掃除は最後にするようにして、掃除を進めていきます。

また、油汚れや水垢汚れ・カビは、午前の早い時間に洗剤に漬けておきましょう!
あまり遅い時間に洗剤に漬けると、家事や生活に支障が出るかと思われます。

では、実際の順番をご紹介させていただきます\(^o^)/

<我が家の大掃除計画>

jpgwwwww

① 12月入るまでには、屋外の掃除と窓・ベランダの掃除を終わらせる。
② 12月の2週目の休日(土日)2日間を使って物の整理整頓をする。(いらないものは処分)
③ 12月3週目の休日2日間を使って、狭い部屋から掃除をしていく。ここですべての部屋が掃除出来なかったら、来週に持ち越す。

我が家は、みんな働いているため、祝日や土日しか家族の休みが合いません。
部屋数も、田舎ならでは17部屋(トイレなど全て含めると)あるので、大掃除を一人で行うとなると大変なことです。
なので、みんなの休みが合う日に大掃除に取り組むことになっています。

屋外の掃除は、11月に入ったら私ひとりが地道に掃除をして12月までには終わらせています(^_^;)

子供を含め6人で行いますが、毎年だいたい2日間かけて部屋の大掃除をやり遂げます。
もし、ここで大掃除が終わらなかったら来週もあるので、このように計画を立てています♪

計画通り、3週目の2日間で部屋の大掃除まで終了したら、次の週は車を洗車したり、子供の自電車を綺麗にしたりしますよ(*^^*)!

何日で大掃除が最後まで終わるか、大掃除にかかる時間は、掃除をする人数や部屋数によるかと思いますが、我が家はこんな感じです♪

 

大掃除のコツとは?

jhpogwrggg大掃除にはコツがあります!!

<2度手間になることを防ぐ!>
掃除した場所に、ホコリやゴミが落ちないよう、工夫することが大切です。
床を最後に掃除することもそうなのですが、
たとえば、物の運び出しをするのであれば、掃除する前に行う工夫をすると、掃除したところをまた掃除するという2度手間を避けられます。

<普段から掃除をしているところより、手抜きしているところを念入りに>
普段掃除をしているところより、手抜きしているところこそ念入りに掃除をすべきです!
たとえば、ただ床を綺麗に磨くのではなく、家具の下や裏に溜まったホコリなどを念入りに掃除するなど・・・。

<隅を意識して掃除を!>
たとえば部屋の角など人が通らない場所に汚れやホコリは溜まっています。
見えにくい部分の掃除こそ手を抜かず確実にキレイにしましょう。

<掃除をはじめる前にやっておくと良いこと4つ>
・処分するものしないものを分別して捨てるものは外に出しておきましょう。
・服や物の整理整頓
・掃除の計画をたてた掃除リストを作る
・掃除道具を準備しておく

<屋外の掃除は早めに>
屋外の掃除をするとき、寒い日だと掃除のモチベーションが下がってしまいがち・・・
モチベーションを下げることなく作業するためには、暖かい日に行いましょう♪

<掃除は午前から始めると良い>
大掃除をする日を決めたら、その日は朝から大掃除を始めたほうが良いという情報もあります。昼から始めると、脳が疲れてきているので、掃除への集中力はすぐに切れてしまうようですよ!

 

最後に

大掃除はとても大変です(^_^;)
しかし!
今年の締めくくりで欠かせないこと!!

hogwwwww今年の汚れは今年のうちにキレイサッパリおさらばして、清々しい気持ちで新年を迎えたいものですね♪

是非、今回ご紹介させて頂いた、「大掃除の順番」と「大掃除のコツ」を意識して、掃除をしましょう!
毎年毎年、最後まで大掃除が出来ず途中放棄していた方も、きっと最後までやり遂げることが出来るはず・・・!

1日で終わらせるのではなく、何日か期間を設けて大掃除を進めていってくださいね(*^^*)
掃除で一番肝心なことは、早く終わらせることや効率よくやろうとするより、
面倒になっても、失敗しても地道に最後までやり遂げる精神力だと私は思います(*^^*)

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ