大統領と総理大臣と首相の違いは?!【小学生でも理解!分かる!】

アメリカでは、「オバマ大統領」で有名ですよね。
日本に大統領は?日本の首相は?総理大臣(そうりだいじん)ともニュースでは、いわれたりしますね。

今回は、「大統領、首相、総理大臣について」、そもそもどういうこと?また違いなどをご紹介します!

スポンサーリンク

大統領と総理大臣と首相とは?その違いは?

hlsdgbvswa国によって、「大統領」がいたり、日本のように「首相」であったり、また韓国では両方存在したりします。
では、それぞれについてご説明します。

 
  • 大統領とは?
一般的に、国家の元首もしくは政府の長の呼び名の一つとされています。大体、国民によって選挙で選ばれることが多いです。ただ、国によって選出方法は異なり、イタリアでは、議会により選ばれます。

そもそも成り立ちとしては、「プレジデント」という英語表記、呼び名はアメリカ合衆国が建国した際につけられたそうです。そして他のヨーロッパでもこれにならって、英語表記「プレジデント」(日本語で大統領)を用いるようになったといわれています。

では、大統領がもつ権限、責任がどのくらいあるか少し分類をしてみましょう。

・アメリカや韓国:大統領制に該当します。大統領がどこかの議会に所属しておらず、政治の責任を大統領自らが負う体制のことをさします。

・ドイツやイタリア:役目のみ象徴的で儀礼的な役割の大統領。国の象徴的な立場として存在します。その為、政治に関与するには、別の役割である「首相」がいます。

・フランスやロシア:上記、ドイツやイタリアのタイプと、アメリカを代表する大統領制、両方をミックスした大統領です。つまり、政治的な役割を担い、かつ、象徴的で儀礼的な役割、両方の役割を担っています。

 
  • 総理大臣とは?
日本では、内閣総理大臣のことを「総理」などと略されることが多いです。内閣総理大臣とは、内閣の文字通り、総合的な長首長のことをさします。また、日本では、国会にて議決、選出されます。

 
  • 首相とは?
首相という呼び名は、日本でもなじみがありますね。そして、日本のみならず、世界各国に存在します。例えば、ドイツで初めて女性首相となった「メルケル首相」のように。

意味としては、閣僚(かくりょう)特に、政府を構成する閣僚のうちのトップを意味します。立場としては、日本の様に、最高責任者という立場の国もあれば、イタリアのように、大統領が、国家元首としての権威をもつ国、フランスのように大統領に首相の任命責任をもち、さらに権限も大統領が外交政策を行い、首相が内政をみるという国もあります。

このように、日本のように、単独で「首相」が存在する国、「大統領」と「首相」両方いる国、責任の分担も各国によって異なるのが特徴的です。

スポンサーリンク

主な国の大統領と総理大臣と首相事情!

gkjgljglg大統領」で、すぐ名前が浮かぶひとはだれでしょう。

圧倒的な存在、スピーチで有名になっているのは、第44第アメリカ合衆国大統領であるオバマ大統領でないでしょうか。2009年に就任し、現職の大統領で、ノーベル平和省も受賞しています。

また、なぜ大統領がいる国、首相や総理大臣がいる国、両方いる国がでてくるのでしょう。

それは、国の成り立ち、「誰に権力があるか」、会社でいうところの社長や幹部、トップはだれ?というところになります。

各国をうまく整理してみると、次のようにいえるのではないでしょうか。

大統領がトップ、つまり大統領制をとっている国:王政をなくして、大統領がトップ。長。

内閣総理大臣(首相ともいいます)がトップの国:王政を残したまま、内閣をつくる。内閣のトップ、内閣総理大臣(首相)が政治責任をもつ。

大統領も首相もいる国:大統領が総責任者で、行政を内閣、立法(法律関係)は国会が担当する。

 

日本は?

jhg;pwgw日本では、皆さんは、「総理大臣は?」という質問が出た場合、名前は浮かびますか??

日本では、国会で選出され、国民投票で選ばれないのも特徴かもしれません。日本では、「議員内閣制(ぎいんないかくせい)」といい、国会議員のなかから、国会の議決により指名するという法律、「憲法(けんぽう)」で定められています。

 
最後に
dfhfs皆さんは、永田町にある国会議事堂を見学しに行ったことはありますか?「国会」「政治」「内閣総理大臣」という言葉を学んでいると少し、距離を感じるかもしれません。

国会議事堂では、一般で見学できるコースもあります。是非、調べて見に行ってみるといいかもしれませんね。
そうすると、少し、政治のことが身近に感じられるかもしれません♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ