床屋で自分の理想の髪型に切ってもらえる頼み方・伝え方はッ?!

男性で、行きつけの床屋さんがある方、いつもカットする人が一緒!という方はうらやましいですね!
床屋に行くと、「あれ、いつもと違うカットに・・・」「前回のほうがよかったかも・・」なんて経験ありませんか?

gweqfwq今回は男性のヘアについて、床屋にいって上手く、ご自分好みのカットにしてもらう方法を伝授いたします。男性の方必見です♪♪

スポンサーリンク

床屋で自分の希望とは違う髪型になってしまう理由は?

bwrw●なぜ、思った通りの髪型にならない?

それは、伝え方の問題といわれています。
お客さんが思っている「かっこいい風にお願いします」や「さわやかな感じで仕上げてください」など、全体の「イメージ」を伝えてしまうと、お客さんの思っている「イメージ」とカットする側の美容師さん、理容師さんの「イメージ」が異なっているからです。

 

床屋での髪型の頼み方・伝え方について伝授します!

gweg●オーダーは具体的に伝えましょう!

各部位(前髪、耳周辺、襟足)をどうしたいか、伝えるとよいでしょう。ここを「どういう風にしたいか」長さ含め伝えると、希望の髪型になりますよ!

●恥ずかしい??写真やカタログを持っていく?

こだわっている方は、「なりたいイメージ」の写真雑誌をみせるのも手ですね!
そこまでは・・・という方は、美容室や、理容院においてある雑誌でも大丈夫です。

こういう髪型になりたい」というのをみせて、担当の方と会話すると良いでしょう。
お客さんの髪質の問題もありますので、担当の美容師さん、理容師さんと会話し、お互いのイメージを同じにすると出来上がりも大丈夫!!

 

頼む時に必要な主な床屋用語の解説!

では、カットする方の立場から・・・。
お客さんからの要望がこうであると助かる~♪という視点から、頼むときに「やってみるとよい」ことをいくつかあげます!

●前髪

前髪は、どのくらいにしたいかきちんと伝えましょう。気になる方は、いつもどういう髪型にするか(後ろにムースであげているなど)、その際の仕上がり具合、長さの要望も伝えるようにしましょう。

→「長さ」をどうする?

伝え方例:「眉毛にかからない程度」、「眉は隠れてもOK。でも目にはかからないほうがベスト」、「目はすこし隠れてもいい」

→毛先をどうする?

伝え方例:「揃えず、自然な感じになるようにすいてほしい」、「軽い感じにしてほしい」、「仕上がりは不揃いになるようにしてほしい」

●耳まわり

耳に対して、どんな長さが希望かを伝えましょう。

→「長さ」をどうする?

伝え方例:「耳の半分が隠れるくらい」、「耳が出るくらいに。スッキリとしてほしい」、

「バリカンで短めに刈り上げてほしい」

→刈り上げるか刈り上げないか?

伝え方例:「刈り上げにはならない程度(そこは気を付けてね!と念を押す)に、すっきり短く」、「まわりのほうは、バリカンでカットし、短めにしてほしい」

●襟足

耳まわりに対して、襟足は「長め」?「短め」?「同じでよい」?ここを明確に伝えましょう。

→長さをどうする?

伝え方例:「横の毛に比べて長めに」「刈り上げにならない程度に短く!」

→特に気にならない、無難にするには?

伝え方例:「サイドの雰囲気と違和感のないようにお願いします」

というと、たいてい、うまくやってくれるはずですよ!

スポンサーリンク

美容師任せのメリット・デメリット!

wgw2g2●美容師さんに髪型を決めてもらう!長さだけ伝えてあとは、お任せ!のメリット

勿論、美容師さんはプロですから、流行りの髪型をよくご存知です♪♪これまで、ご自分がこだわっていた「私には絶対これしか似合わない~」と思ってオーダーしていたのが、実は、客観的に「お客さんならば、こういうイメージにするとさわやかに!」なりますよ!など、「新しい自分」「素敵な自分に」出会えるチャンスがあります♪

意外と、美容師さんは沢山のお客さんと接し、また“客観的”にみることができますから、お任せにするのもひとつです!


●美容師さんにお任せするデメリット

「美容師さんが抱いているイメージ」、「こうするとよいのに!」という思いと、お客さんであるご自分の「イメージ」がずれている場合。また、普段の生活では「こういうイメージでないと会社に行けない!」などはありますよね?

たまたま、美容院に行った時の服装が「ラフ」だったり、普段の洋服とかけ離れているときは要注意です。

よく美容師さんは「着ている服装」で判断するといいます。

「新しい自分」にしてもらったけれど・・・。それでは、普段の生活では違和感がある・・

ということになりかねませんのでご注意を!

 
最後に
行きつけの美容室、理容室を見つける、新しいところに行く!色々ありますよね。

また、同じところに行っても同じ担当の方になるとも限りません。カット担当になる方とは「コミュニケーション」が大事ですね!

「どうなりたいか」を具体的に伝えて、素敵な髪型になって、美容室を出ると、それはもう快適!!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ