怖い夢を見ない方法をメカニズムから解説!

怖い夢を見てしまうことありますよね。

魘されて飛び起きたり、眠っていたはずなのに休んだ気がしない……。

こんな状況では疲れもたまり、健康にも精神的にも良くありません。

%ef%bc%91

できるならそんな夢は見たくない!
ゆっくりぐっすり眠りたい!

みなさんそう思いませんか?

そこで今回は怖い夢を見るという現象のメカニズムを解説します。

原因がわかれば予防できるかもしれません!

人生の1/3は睡眠時間だなんていわれていますから、とてつもなく長い時間です。

安眠のためにも悪夢のメカニズムを理解して、対策を取りましょう。

スポンサーリンク

怖い夢を見るメカニズムとは?

%ef%bc%92

まず夢を見るというのはレム睡眠中の現象だと言われています。

レム睡眠とは浅い睡眠で、体は休んでいる状況ですが脳は働いている状況です。

このレム睡眠中に脳が日中の出来事や情報を整理してくれているんです。

対してノンレム睡眠は深い眠りで、この時は夢を見ないと言われています。

ここからが本題ですが、怖い夢をみる原因とされているのは大きく分けて3つ!

あなたはどれかに当てはまりますか?

・ストレス

良く聞く原因としてストレスがあげられます。

日常生活でのストレスが原因で怖い夢を見ているのかもしれません。

解決の糸口がつかめていなくて、不安で仕方ない……。

人間関係や現状でストレスに感じることがある……。

悩みがあり緊張状態が続いている……。

こんな風にストレスを抱えていると、それが夢に現れることがあります。

脳がストレスを解消しようとしているんだそうです。

ストレスの原因が解決するのが一番良いのですが、そう簡単にはいかないことも多いと思います。

だから上手にストレス解消できる方法を探してみてください。

好きなことをしたり、出かけてみたり、いろいろ試して自分に合ったストレス解消法を見つけられるといいですね。

・寝ている環境

暑い部屋寒い部屋寝づらい寝具で寝ていませんか?

無理な体制で眠っていると健康にも影響が出てくるので、眠るときはしっかり布団に入って快適な環境で眠ることをおすすめします。

枕があっていない、掛布団が重いなども原因になりえるので一度見直してみてはいかがでしょう?

・疾患によるもの

これが原因の場合は自分だけで解決するのは難しいかもしれません。

身体的疾患で痛みや不安がある時に、怖い夢として現れることもあります。

また鬱などの精神的疾患の場合は、素人での判断は難しいとこです。

いずれにせよ気になるならば一度お医者さんに相談してみたほうがいいでしょう。

 

では、怖い夢を見ない為にはどうすれば?

怖い夢を見たくないなら、良質な睡眠をとれるようにしたい!

嫌なことはできるだけ考えないというのが理想ですね。

とはいえ心配事があるとついつい考え込んでしまって、寝付けなくなるなんて方もいると思います。

そんな時はリラックスできるような環境を整えて、スムーズに眠ることができるように工夫してみてください。

スポンサーリンク

日頃から出来る事を紹介!

%ef%bc%93

それではどんなことに気を付ければいいのか、どんな対策をすればいいのか。

日頃から出来る事を紹介します!

簡単に取り入れられることから始めてみてはいかがでしょう?

・上手にストレス解消

スポーツジムやジョギングで体を動かしてみたり、カラオケで思い切り歌ってみたり。

動くことでストレス解消になる方にはこんな方法がおすすめです。

スポーツジムやジョギングなら新しい友達ができたりと、コミュニティも広がるかもしれませんね。

動くことはあまり得意ではないという方は、音楽を聴いたり本を読んだり、映画を観たり。

自分の好きなことに没頭することで嫌なことを忘れてしまいましょう!

根本的な解決にはなっていないかもしれませんが、自分一人でできることは上手にストレスを解消することでしょう。

・食生活に気を付ける

眠る前の飲食も夢見が悪くなる原因になります。

睡眠前にお酒を飲むという方もいるかと思いますが、適切な量を心がけましょう

ストレスが溜まっているからと言って無理な飲酒をするのは、健康にも良くありません

むしろ悪影響になってしまします。

・寝具を定期的にメンテナンス

寝具は常に清潔な状態を保ちたいですね。

天気のいい日には布団を干しましょう。

一見きれいに見えてもホコリやダニなどミエナイ汚れがついているんです。

天日干しできなければ、部屋で風通しをするだけでも違います。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくとも言われています。

敷きっぱなしにしていると、湿気も逃げません。

季節の変わり目には一度はクリーニングに出すのがおすすめです。

・リラックスできるような環境づくり

自分の好きな香りのアロマをたいたり、リラックス効果のある音楽を小さな音で流したり。

眠る前にリラックスできると質の良い睡眠になるので、怖い夢を見ることも減りそうです。

 
最後に
%ef%bc%94

いかがでしたか?

怖い夢を見るという現象にはメカニズムがあり、それは日常のちょっとしたことで対策ができるんです。

「また怖い夢を見るかもしれない」と考えてしまうと余計寝付けなくなってしまう原因になりかねません。

ドリームキャッチャーなどおまじないのような物でも、これがあれば大丈夫と思えれば効果があると思います。

自分にあったストレス解消法やリラックス法を見つけられると良いですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ