暑くて眠れない夏に!おすすめの厳選!快適安眠法を紹介ッ!

充実した毎日は、質の高い睡眠から。
布団に入ったらすぐに眠りたい!深くて心地よい睡眠を味わいたい!すっきりした朝を迎えたい!

そう願っているのに、疲れをとりたいとは思っているのに、暑くて寝ていられない!そんな夜はどうしたらいいのか。

快適安眠法をお教えします。

スポンサーリンク

夏の睡眠を妨げる原因とは?

jpggggg眠れない状態とは、頭がさえてしまっている状態といえます。
脳が活発に働いていては眠れません。リラックスしていて、穏やかな状態に変えていくことが必要です。

脳に刺激を与えるものとして…

・カフェイン
脳を興奮させる作用があり、その作用は摂取後7時間も持続します。カフェインを含むものとして、代表的なものはコーヒーや紅茶です。

・強い光
寝る直前までテレビやパソコン、携帯電話をみていませんか。画面が発する光は非常に強い刺激といえます。就寝の1時間まえには、目を休めてリラックスすることが大切です。

・考え事
勉強や仕事などの活動も、脳を興奮させてしまいます。テレビなどと同様、1時間まえを目安に心身ともに休めることが大切です。

・アルコール
寝酒をすると眠りが浅くなり、夜中に目が覚めたり、朝まで寝ても寝たりないと感じることがあります。

・たばこ
タバコに含まれるニコチンは、脳を興奮させます。たばこを吸うことによるリラックス効果と捉える人がいるかもしれませんが、それよりもニコチンの覚醒作用のほうが強力です。

スポンサーリンク

夏のおすすめ安眠法紹介!

熱帯夜にみられる暑くて寝苦しい夜を回避するために以下の方法をためしてみてはいかがでしょうか。

・室温を適切に
我慢して寝よう寝ようと思うより、エアコンと扇風機を上手に使いましょう。室温25~28℃、湿度50~60%がが快適な環境といえ、これを寝始めてから3時間保つことで、質の高い睡眠が得られます。

・半身浴
興奮した脳を穏やかな状態に切り替えることができます。温度は38~40℃のぬるま湯、20分程度行い、お好みでアロマオイルなどをたらすのも効果的です。

・昼寝は午後3時までに
昼寝の時間は20~30分ほどが目安です。30分以上になると、脳の働きを元に戻すのに時間がかかります。また、午後3時以降の昼寝は睡眠に影響がでるといわれています。

・日中は活動的に
家でずっとごろごろしていると、その夜は浅い眠りにしかつけません。日中に外へ出て光を浴びることで、ホルモンのバランスにメリハリができ、ぐっすり眠れます。運動を習慣にすることがなによりですが、忙しくてできない人はまず1日1万歩を目標にしてみてもいいと思います。

・布団を干す
寝苦しい夜の解消とは直接関係ないようで、実は重要な布団。かびやダニでいっぱいの不潔な布団は、寝つきの悪さや熟睡できない不快感に影響します。できれば1週間に1度は風通しをしてください。ppodddd

 
最後に
眠れない夜が続くと、からだの調子が悪くなります。日中に眠気が襲ってきたり、毎朝目覚めると頭が痛かったり…。
また、思考力や記憶力、集中力が低下し、仕事にも影響。さらに、免疫力が低下することで風邪をひきやすくなる恐れもあります。

あなた本来の姿で日々を過ごすために,眠れない夜は解消し、暑くても元気いっぱいで過ごしたいものです。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ