木枯らし1号とは?木枯らし1号の条件・定義や時期とは?

外に出ると冷たい風がピュ~!
キャ~!寒い!
これって木枯らし?!

%ef%bc%91

そんな冷たい風を感じると、もうそろそろ秋から冬に変わるのかな?って思いますよね。

だけど一体、木枯らしって本当のところ何なのだろう?

よく、「木枯らし1号が・・・」などとニュースで聞くけれど、2号、3号、4号と果てしなく有るのかな?

と疑問が出てきますよね。

今回は普段、何気なく聞き流している木枯らし1号とは一体どんなことを言うのかお伝えしていきます。

スポンサーリンク

木枯らし1号とは何?

%ef%bc%92

木枯らし1号とは、季節がちょうど、秋から冬へと変わる時期に、初めて吹く北からの強い風の事を言います。

具体的に説明すると、10月半ばの晩秋から11月末の初冬の間に吹く毎秒8メートル以上の北風の事で、気象庁が「木枯らし1号」のお知らせを発表するのは、東京地方と近畿地方に、このような強い北風が吹き、冬の寒さを感じた時です。

 

木枯らし1号の条件・定義とは?

%ef%bc%93

では、「木枯らし1号の条件・定義」を詳しくお話していきましょう。

上記でも少し触れましたが・・・

・風速8メートル以上の風が吹く事。
・風速8メートル以上の風が、北側から吹かなければならないと定義されている。

*この北風が吹くのは、冬型の気圧配置が現れたときです。

この北風はかなりの強風で、時には災害をもたらすこともあります。

1秒間に8メートルの距離を移動するのですから、かなり強い風であることがお解りだと思います。

災害をもたらしてもおかしくないですね。

「木枯らし1号」が吹いた時には、注意報や警報が発表される事が有りますので、情報を得たら、自身で注意することが大切です。

スポンサーリンク

木枯らし1号の時期は?いつ?

%ef%bc%94

まず、木枯らし1号の時期ですが、関東地方では大体、10月半ばから11月末まで

近畿地方では11月末から12月末ぐらいまでです。

場所に関しては、木枯らし1号が発表されるのは、実は関東地方(東京)と近畿地方(大阪)だけです。

ほかの地方で、木枯らしが吹いても、木枯らし1号の発表はされないのです。
*不思議ですよね?

なぜ、関東地方と近畿地方しか木枯らし1号が発表されないかというと、気象庁では一応、木枯らし1号は定義されていますが、台風の様に継続的に起るものではありませんし、しっかりとした観測がされるものではなく、ただの季節に起る現象として捉えられていることが原因のようです。

ですので、人口の多い関東地方と近畿地方だけに発表されるようになったのです。

ここ数年の木枯らし1号が吹いた日は・・・

2011年  関東地方 10月26日       近畿地方 10月25日

2012年  関東地方 11月18日       近畿地方 10月29日

2013年  関東地方 11月11日       近畿地方 11月04日

2014年  関東地方 10月27日       近畿地方 10月27日

2015年  関東地方 10月24日       近畿地方 10月25日

2016年は、いつぐらいに吹くでしょうか。

皆さんもいつぐらいになるのか予想してみてください。

私は去年と同じぐらいの10月末ぐらいかなと予想します。

因みに、私自身は関東の人間ですので、「木枯らし1号が吹きました!」という言葉は、子供のころからズ~っと聞いてきた言葉ですが、木枯らし1号の発表を聞かない地域もあるのですね。

木枯らし1号は関東地方と近畿地方の人間にしてみれば 「あ!もう冬が来るんだな。」と冬の寒さに対する覚悟が出来る言葉でもありますね。

 

最後に

最後に、冒頭でふれていた「木枯らし1号があれば、2号、3号、4号ってあるの?」についてお話したいと思います。

さて、「木枯らし2号、3号、4号!」 仮面ライダー1号、2号みたいにあるのでしょうか?

答えは・・・ NO!です。

木枯らし1号は「1号」だけであって、1号が吹いた後は、全て「木枯らしくくり」で、どの風もただの木枯らしとして扱われてしまいます。

1号の他は雑な扱われ方になりますが、強い風は、色々な物を吹き飛ばしたりするため危険を伴いますので、天気予報で風の強さをチェックして、強風の時に外出する場合は、十分に周りに注意をしながら出かけるのが良いでしょう。

また、木枯らし1号が吹くと、いよいよ本格的な冬がやってきますので、日ごろから食事に気を付け、体を冷やさないようにして、酷い風邪にかかったりしないように注意したいものです。

また、木枯らしが吹くと、空気が乾燥して、お肌にも影響を与えます。

乾燥して肌の老化を早めないように、ボディーもフェイスもしっかり保湿して若さ、美しさを保ちましょう。

10月から冬にかけては、ハロウィン、クリスマス、お正月、バレンタインデーなど、楽しいイベントが沢山あります。

防寒をしっかりして、健康を維持して家族や大切な人達と素敵な時間が過ごせるといいですね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ