終戦記念日8月15日に黙祷をする時間は?正しい黙祷の方法!

1945年8月15日に第二次世界大戦が終結したことを記念する日とされている終戦記念日
この戦争で命を落とした者は230万人にも及ぶといわれています。

image11963年から毎年「全国戦没者追悼式」が行われるようになり、さらに、1982年の閣議決定により、「戦死者を追悼し平和を祈念する日」と認識されるようになりました。
終戦記念日が近づくと、ニュースで取り上げられる回数が増え、目にしない人はいないと思います。そのニュースをなんとなく観ている人も多いのではないでしょうか。

黙祷の必要性や、それが持つ意味などを考えてみると、今よりももっと日本を知るきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク

終戦記念日8月15日に黙祷をする時間は?

黙祷が捧げられる時間は、正午から1分間とされています。
靖国神社へ詣でる人や自宅で黙祷を行う人、場所はその人によって異なります。
また、この時期に行われている夏の甲子園では、熱い戦いが行われている最中、正午になると試合が一時中断となり、球場にいる人全員で黙祷を捧げることが恒例の行事となっています。

 

黙祷の意味を考えてみる

黙祷が持つ意味合いは、戦没者の存在を確認し、死者と生者の関係を改めて考えるときだといわれています。
しかし、国民が理解する黙祷は人によりそれぞれ異なるように感じます。
黙祷することで、この国にあった事実を忘れないという理解をしている人もいれば、気持ちの区切りをする日にする人、靖国神社に行きたいが遠くていけないので、せめて黙祷することで戦没者の思う人など、さまざまです。
黙祷するのは国民の約4割といわれており、なかには、なぜ終戦記念日に黙祷する必要があるのか、そこまでじぶんは国を信奉していないなど、否定的に考えている人もいます。

image2

 

正しい黙祷の方法!

黙祷は、目をつむって、音を立てずに祈ります
我が国では、人の死を悲しみ、悼む、弔意の行為とされており、そのほかにもじぶん自身の気持ちをみつめる時間ととらえられている一面もあります。
日本では、事件や事故、災害の発生した時刻に合わせて黙祷をするという風習があり、今回取り上げている終戦記念日のほか、長崎原爆の日、最近では、東日本大震災は多くの国民が黙祷を捧げています。

昔から行われているように思われている黙祷ですが、はじまりは関東大震災が発生した1年後といわれており、1分間の黙祷が催しとして行われたとされています。

スポンサーリンク

最後に
時が経つにつれ、戦争を知る者がどんどん少なくなることは仕方のないことですが、第二次世界大戦で多くの国民が亡くなっているということ、その戦争が、現在の諸外国との外交に大きく影響していることは、国民のだれもが知っておく、また考えるべきことだと思います。

なんとなく過ぎていく終戦記念日より、日本の歴史を含めた記念日として理解するほうがより深く日本という国を知ることができるような気がします。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ