蚊に刺された時のかゆみの原因は?かゆくなる理由は?

夏になってきました。蚊のシーズンです。蚊に刺されると何故あんなに痒いのでしょう。痒くてかかないではいられません。今回は蚊に刺された時のことについて調べてみました。

スポンサーリンク

かゆみの原因は?かゆくなる理由は?

image1
蚊は、血を吸いたいと思った人間をみつけると、その人間の肌にまずとまります。
そして、その人の皮膚を刺してから自分の唾液をまず注入します。

この唾液の中には、人間の感覚を麻痺させる成分が含まれています。この成分によって、血を吸いやすくします。
その上、吸いやすいように血が凝固しないようにもする成分もふくまれているのです。

この蚊が唾液から注入する成分が、刺した時には気付かないようにしますが、後から痒みに変わる成分なのです。
人間の皮膚は、その唾液にアレルギー反応を起こし赤く腫れあがり我慢できなく痒くなるのです。

 

人による?かゆくなるパターンの紹介!

image2

このアレルギー反応には個人差があり、痒くならない人もいますし、遅れて痒みがやってくる人もいます。
直ぐに痒くなる人もいますし、翌日ぶり返し痒くなる人もいます。まったく痒くならない人も稀ではありますがいます。

花粉症のようなものなのです。花粉症は、花粉に反応する人もいますし、反応しない人もいます。
また、今まで反応しなかった人でも、ある日突然反応する人がいます。蚊の場合もまったく同じで、個人差があるのです。

医学的に言うと、痒くなるパターンは大きく分けると二つになります。(1)即時型アレルギー反応(2)遅延型アレルギー反応です。
(1)即時型アレルギー反応は、蚊に刺された直後15分以内に起きる痒みや赤み、発疹が特徴です。また(2)遅延型アレルギー反応は、蚊に刺されてから1日~2日後に起きる痒みや赤み、発疹が特徴です。

初めて蚊に刺された時は、蚊の唾液が体内に入っても身体はアレルゲンと判断できず、痒みや発疹はおこりません。これは、蚊だけでなくあらゆるアレルゲンにいえることです。ところが、何度も刺されている内に、身体は蚊の唾液を異物と認識するようになり、アレルゲンに反応を起こすようになるのです。

スポンサーリンク

かゆくならない人もいるってホント?

image3

痒くならない人もいます。あくまでアレルギー反応なので、まったく痒くならない人もいます。蚊に対するアレルゲンがない人がいるのです。

 
まとめ
蚊に刺された時の反応も、花粉症などと同じで個人差があります。

刺されたら、ステロイド剤が配合されている虫さされの薬で炎症を抑えましょう。
また、抗ヒスタミン剤虫刺されの薬で、痒みを抑えましょう。蚊に刺されやすい人は、血液型でいうとO型で、体臭が強く、色黒で、飲酒をする人、また運動後で汗をかいている人や妊婦や赤ちゃんです。

これらのことを気に掛けて蚊に刺されないようにしましょう。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ