靴を早く乾かす方法ッ!雨で濡れた靴を明日までに乾かす最速テク!

雨で靴が濡れると気分が落ちますよね…。
水たまりを避けて歩いているつもりなのに、ジワジワと水が靴に染み込んできて靴はビショビショ……^_^;

そんな時、困るのは明日履く靴の事!hodfhhhh

お仕事や、学校の靴を1足しか持っていないという方は少なくありません。
また、明日履いていく予定の靴が雨で濡れてしまったら

どうにか乾かしたいという気持ちでいっぱいになりますよね。

しかし、濡れた靴は干すだけだと、すぐには乾いてくれません……。
長いと、乾くまでに3日かかります。

この靴は諦めて、明日は別の靴を履いていこう。
予備の靴を1足買うべき? 

と考えている方、ちょっと待って下さい!
あるんです!!

靴を早く乾かす方法が!!!

スポンサーリンク

靴を早く乾かす方法・手順を紹介!

ppgggggg靴を早く乾かす方法と手順をご紹介!

その1、スニーカーは洗濯機の脱水にかける!

⑴中敷を外す。

⑵中敷と靴の中と外を、タオルなどで拭き水気を取る。

⑶中敷と靴を洗濯機の脱水にかける。

⑷つま先を下にして立てかける、もしくは吊るす

こちらの方法は、スニーカーに適しています。

脱水にかけることで、かなりの水分が取れるので早く乾かすことができます!

革靴やエナメル製の靴は、よれたりする可能性があるためやめたほうが良いでしょう。


その2、革靴や長靴は乾燥剤と新聞紙を詰める

⑴靴をタオルなどでよく拭き、水気を取る。

⑵つま先に乾燥剤を入れてから、新聞紙を詰める。

⑶つま先を下にして立てかける。

詰めた新聞紙は、湿ったらこまめに新しいのと交換しましょう。

そうすると乾きが早くなります♪


その3、長靴やブーツはペットボトルを使う!

⑴靴をタオルでよく拭いて水気をとる。

⑵新聞紙をつま先に詰める

⑶ペットボトル(もしくはビン)に靴をさして風が通る場所に置く

⑷ある程度の時間を放置したら、タオルで水気を拭く。

まだ乾かない様子なら、再度放置。

こちらも、新聞紙が湿ったらこまめに交換して下さい。

ペットボトルやビンを使い、濡れた靴を常に逆さま状態にすることで、水気が下へ移動し早く乾きます♪

 

明日までに乾かす最速テク!紹介!

明日までに乾かす最速テクをご紹介します!

◆ドライヤーを使う!

ドライヤーやヒーターの温風を使うと、効率的に早く乾かすことが出来ます♪

乾かし中の靴が、ある程度の時間がたったら

ドライヤーの温風をあてる

まだ湿っているなら、先ほどの靴を乾かす手順とドライヤーを繰り返す。

このような感じでドライヤーを利用すると、より早く乾きます!

 

◆コインランドリーにくつ用乾燥機がある!?kfkfkfdkd

この『くつ用乾燥機すべてのコインランドリーに設備されているわけではないのですが、こちらを利用するとスピーディーに乾きます♪手間がかからないためですよ!

 

◆新聞紙よりキッチンペーパーの方が早く乾く

実は、新聞紙よりキッチンペーパーの方が、水の吸収が良いというデータがあります。

コストはかかるものの、キッチンペーパーをつま先に詰め、湿ったらこまめに新しいキッチンペーパーと交換すると、乾くスピードが速くなります!

 

以上が、早く乾かす最速テクとなります♪

是非、お試しください!

スポンサーリンク

番外編!雨で濡れた靴の臭いの対処法!

雨でビショビショに濡れた靴の臭い……
気になりますよね。

そこで、その臭いの対処法をご紹介します♪

 

・靴の中に10円玉を入れる(できれば3枚)
を含む10円玉には、驚きの消臭効果があります!
1〜3枚ほど靴の中に敷きましょう。

 

・アロマオイルを垂らす
100均で売られているものでもOK!
3〜5滴ほど垂らすと臭いを防ぐことができます。

 

・竹炭を入れる
ホームセンターなどで手に入ります。消臭効果があります。

 

・乾燥させたコーヒーかすを入れる
日干しもしくは、レンジでチンしたコーヒーのカスを茶こし袋に入れ、それを靴の中に入れます。
こちらも、驚きの効果が期待できます。


最後に 
以上が、雨に濡れた靴を早く乾かす方法です♪

私が試して良かったと思う方法は、「洗濯機の脱水にかける」でした!革靴などには適しませんが、スニーカーは確かに早く乾くことが出来ます!
また、ドライヤーを使う方法もオススメです。

温風をあてることで、乾くスピードは比較的に早くなります!

あと、雨の日にお出かけする際には、防水スプレーを靴にかけると良いですよ♪ビショビショに濡れるリスクを減らしてくれます!!

是非、お試しください♪

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ