鰻(うなぎ)って海と川どっちに住んでいるか知ってた?!未だ謎だらけ!

kbkhlhgd温かくなり、夏が近づいてくると夏の土用の丑の日・・・。鰻が食べたくなる季節になりますね♪夏の暑さで体力が落ちているとき、無性に食べたくなりませんか?

ところで、ってそもそも、海?川?どちらに住んでいるのでしょう!

今日は“”についてご紹介します♪

スポンサーリンク

鰻(うなぎ)は海と川どっちにいるの? 

glhけd鰻が、どこで生息し、どんな生き物か?わかりづらいですよね。よく食事処の入り口に、蟹、生魚・・・。これから頂くもの?!が大きな水槽にはいっていることもありますが、まぁ、鰻が泳いでいる光景をみることもあまりありませんよね?

鰻と聞いてどこ産が美味しいの?と思われる方多いのでは??

そもそも鰻の産地ってなんでしょう?中国産、国内産・・色々分かれますね。鰻の産地は大きく国内産と中国産、台湾産に分かれます。国内産では、鹿児島産、宮崎産、高知産、「うなぎバイ」で有名な静岡産、浜名湖産といったところでしょうか。まだ、他にもありますが♪♪

皆さんが普段より頂いている鰻は、シラスウナギといわれる「鰻の稚魚」が、出荷サイズになるまで、各地域で養殖されるというかたちになっています。

ということで、各地域、各産地によって育てられ方が異なってきます。また、海外産である、中国や台湾では、「路地池中心」となっています!国内では、ハウス養殖が中心のようです。

各産地での違いはなんといっても、「水質」のようです。そして鰻は、海でも、川でも、そして浜名湖産というくらいです。湖でも生きていけるのです!! 

 

未だ謎だらけの鰻(うなぎ)について

rwshjjd鰻は皆さんの食卓に届くまで、どんな流れになっているのでしょう? 鰻は最近では、稚魚の「シラスウナギ」の数が減少してきているため、希少な高級食材になってきています。 そもそも、この「シラスウナギ」の生態が、なんと!?謎が多く、人工的に孵化することができないのです。そこで、海、河川などで「天然」の稚魚を捕獲するところから始まります。 そして大変なのが、“ここで沢山捕れる!”ということがありません。その為、数か所から必至で捕獲をし、集められて養殖場に送られているのですよ!一晩でも2、3匹しか捕れないということも多々あるようです。

シラスウナギは、あらゆる場所から、少しずつ捕獲され集められて、10Kgから100Kg位になった状態で各地域の養殖家が持っている養殖池に入れられます。

スポンサーリンク

鰻(うなぎ)の産地!

んh:m、sんs静岡産」や「浜名湖産」とよく、スーパーで鰻が売られている際にシールが張ってありますね♪♪

これは、養殖場で出荷サイズまで育てられた、「その養殖場」の場所をさします♪♪ 厳密なお話をすると、たいていは1カ所の養殖場で育てられるのですが、たまに例外もあるそうな。ということで、「産地=いちばん長く養殖された場所」というのが今の定義になっています!

では、3つ程、産地別でご紹介しましょう。

・愛知産

気候が穏やか、そして“一色町”という日本で有数のうなぎ生産量を誇っている地域です。三河湾に面しているのも有名ですね!

鰻の性質としては、天然の鰻のように引き締まった食感、肉質であるといわれています。というのも、一色町では、国内で唯一「川の水」を使った養殖がおこなわれているから。とも言われています。水質はここでも重要であることが分かりますね!

食べ方の特徴!愛知といえばそう!「ひつまぶし」です。三度美味しく頂けるといわれています。まずはそのままで召し上がる。次に薬味を入れて。最後にお出汁、お茶をかけて頂くことで有名ですね。

・宮崎産

宮崎は、マンゴーに日向夏などなど、南国を思わせるフルーツが有名ですが、温暖な気候からも鰻の生産でも有名です。

鰻を養殖する際に、宮崎では特徴なのは、“軟水”を利用しているところです。他の産地では“硬水”を利用しているところが多いんですよ♪♪その為、口当たりのよい、とろり、とろけるような食感!なぁんていわれています。

食べ方の特徴は「白焼き」であることでしょう。たれをつけずに焼いて頂きます。ゆずこしょうやポン酢で頂くなんて通ですね!

・静岡産

静岡に行くと、お茶、そして鰻でしょう。鰻の養殖は歴史が古く明治時代からされているともいわれています。浜名湖産がやはり、日本では有名ですよね!

静岡の鰻はどんなお水で養殖されているのでしょう!南アルプスのお水。それも地下からくみ上げそして雪解けの水で鰻は育てられています。何とも、大自然の香りがしますね♪♪

 
最後に 
ねtjds鰻に、肝吸い・・。なんでワクワクするのでしょうね♪ お出掛けの際に頂くもよし、ご家庭でお好きな形で頂くもよし♪ あのお重をあけるドキドキ感がたまらない季節。食べると元気になる、鰻を是非ご賞味ください!!

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ