30代女性が転職するのに持ってて良かったと言う資格を教えます!

学校を出て、OL暮らしもそろそろ10年。頼りにはされるし、それなりにお給料ももらえるし、でも何だか、このままでいいのかな、という気もしてくる。そろそろ真剣に将来のことも考えなきゃ
30代女性は人生のターニングポイントの時期。こんなとき、転職も考えて何か資格があるといいなあ。でもどんな資格がいいんだろう…そんなお悩みにズバリお答えしていきましょう!

スポンサーリンク

30代女性の転職の成功事例を紹介!

やはり専門性のある資格は強い武器になります。筆者の知人にこんな成功例があります。

彼女が一流大学を出た頃はちょうど就職氷河期でした。何十社と受けてうまくいかず、やむなく3年更新の派遣社員として事務職を転々としました。都心勤務のためお給料はそこそこでしたが、ボーナスもなく、定期昇給もなく、交通費も自己負担と、頑張っても報いられない不満は何となく溜まっていました。そんなころ、ちょっとした病気で手術を受けることになり休職を余儀なくされました。病休制度もありましたが、彼女は1度退職することにして、じっくり将来を考えてみようと思いました。ちょうど30代になったころのことで、そろそろ結婚を意識する相手もいました。

いまどきはパソコン事務はできるのが前提で、その関係の資格の有無はほとんど意味はない。資格で勝負するなら専門性の高いものでないとダメ。結婚して子どもも産みたい。相手は転勤も多くて今も遠距離恋愛中だ。ライフステージにも対応できる資格って、仕事って何だろう…

1

彼女は子どもが大好きで、大学での専攻は教育心理学でした。そうだ、保育士免許を取ろう!きつい仕事で待遇もよくないとは聞くけれど、どこでも仕事を見つけることはできるし、好きなことを仕事にするのはやはりやり甲斐が違う。資格も年に一度の試験を受けて取ることができる。

猛勉強の末、その年の試験に一発合格し、翌年の4月から保育園勤務となった彼女。結婚して出産や海外転勤も経験しながら、その都度休んでもすぐ次の仕事は見つかりました。いまの職場にはもう長くなり、気がつけば園長に。漠然とOLを続けるより、あの時の決断は正しかったと感じているそうです。

 

30代女性が転職するのに持ってて良かったという資格とは?

一般的にどの仕事にも当てはまることですが、専門性を持っているというのは大きな強みになります。また、今から資格を取ろうとするのであれば、もともと自分が持っている特性や技能を活かせるもの、自分が興味を持てるもの、取得にあたって費用が比較的かからないもの、テスト一発で取得できるものが合理的です。
学生時代に法律を学んだのであれば、行政書士は将来の独立にも有利です。また不動産業界に興味があれば宅地建物取引士(宅建)を持っていると非常に重宝されます。どちらも試験だけで取得できます。

また、介護福祉系の資格はどこにでもニーズがあります。上に挙げた保育士免許のほか、介護職員初任者も比較的取りやすく、持っていると給与面で厚遇されますし、将来、介護福祉士ケアマネージャー資格にステップアップする最初のステップにもなります。

大学院での履修や実務経験が必要となりますが、臨床心理士もニーズが高い資格です。

2

語学が得意であれば、英語中国語などの高度な技能が厚遇される職場があります。また、外国人に日本語を教えるには日本語教育能力検定試験に合格しているとやはり有利です。

なお、一言で資格と言っても、持っていないとその仕事につけないもの(看護士や教員など)と、そうではないものとがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

30代女性、転職成功の鍵は?

30代女性には特有の事情があります。そろそろ結婚や出産も意識するころ。転職するなら長く続けられる、しかも自分にあった仕事を、自分のライフスタイルと重ね合わせて考えることが必要です。いわゆる年功序列型の働き方とは違った発想に立つことも必要でしょう。

3

転職というのとは少し違いますが、自分の力で独立して起業することも選択肢の一つです。自分の大好きなことを極める楽しさがあり、運営する苦労はあっても自分のペースでできるのが魅力です。

筆者の友人にも、趣味を生かしてサロン的な手芸や料理の教室を開き、収入面でも生きがいとしても充実した生活をしている人がいます。それにもインストラクター資格を取得したことがものを言っていると言います。また、一念発起してセラピスト資格を取り、自宅開業している例もあります。

 
最後に
30代女性は迷いが多い時期です。一度家庭に入り子育てでのブランクが気になる方もいらっしゃるでしょう。

その中で収入面を重視するのか、生きがいを大切にするのか、よく考えてください。 どんな資格でも取得するにはそれなりの出費は覚悟しなければなりません。そのこともよく考慮してください。

高度な資格を取り、ステップアップのための転職をしてバリバリ仕事をして企業のなかでどんどん上を目指すのか、多少収入は減ってもゆったり好きなことを仕事にしていくのか、自分の今後を見据えての判断が必要です。

あなただけの、すてきな人生を歩んでくださいね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ