必見!夏バテ防止に効果あり食材!《鰻・うなぎ》を食せ!!

うなぎといえば蒲焼き!日本人の嗜好には、これにまさるものはない。蒲焼きは照り焼きの一種で、開いた鰻に調味料をからませて焼き上げた日本独特の調理法です。hbohwhw関東では、軟らかくなるまで蒸してから焼くため脂肪分がある程度溶け出し、さっぱりした味になるのに対し,関西では、そのまま焼くのでこってりした味になると地域性はありますが。たれの濃厚な味がうなぎの味と調和し、これが加熱されて独特の風味をつくりあげます。
この美味な夏バテ予防に!暑い夏を元気に過ごしましょう。

スポンサーリンク

夏バテの原因は?

夏バテは倦怠感や食欲不振などの症状がみられ、暑さが原因と思われがちですが、一番の原因は冷房だといわれています。

わたしたちのからだは、自律神経が体温調節を行っています。暑くなるとからだは体温を保つために汗をかいたり、血管を広げたりして熱を逃がそうとします。しかし、そのバランスが乱れると、体温調節がうまくできなくなり、夏バテとよばれる症状がみられます。

特に、わたしたち日本人のからだは温度変化に敏感で,空調設備が普及した現在は気温と湿度の急激な変化により、自律神経のバランスを崩す人が増えているといわれています。
また、それ以外に高温多湿の環境による発汗の異常や熱帯夜による睡眠不足なども挙げられます。

夏バテ防止に《鰻・うなぎ》は効果あり?

bhogwgw昔から薬や滋養強壮食品として知られているうなぎ
夏バテにも効果があると考えられています。

特徴については、ビタミンAがたっぷり含まれていることでしょう。その相当の含有量で、蒲焼き一人前で、1日のビタミンA必要量の3倍の量を摂ることが可能なんだそうです。驚きです!
そのほかにも、たんぱく質や脂質、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、カルシウムや鉄が含まれています。また、うなぎの脂肪には必須脂肪酸として注目されているEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれています。
さらに、うなぎのぬるぬるした皮は、ムコ多糖類という成分で、夏場に弱りやすい胃や腸の粘膜を保護する働きをもっています。

スポンサーリンク

その他の夏バテ防止におすすめ食材とは?

boggwq夏バテに食べてほしい食材は、体力をつける豚肉うなぎビタミンB群を豊富に含む胚芽部分を残した米パン麺類など。
そして、ビタミンB群カロテンビタミンCを豊富に含んだオクラピーマン枝豆などの夏野菜。乳酸を分解するクエン酸がたっぷりのレモンキウイフルーツパイナップルなどです。

以上の食材とぜひ一緒に食べてほしいものは、効果をさらに高めてくれるネギにんにく青じそなどの硫化アリル類でんぷん消化酵素を含んだ山芋類大根です。

ひとつの食材だけではなく、いくつか組み合わせて食べることで、身体に取り入れられる栄養価は高まります。1+1が3や4に変化する可能性を秘めています。
からだに必要な栄養素を上手な食材の組み合わせで、疲労回復する力を高め、体力の低下を予防しましょう。

 
最後に
土用の丑の日にうなぎを食べる
丑とは十二支の丑の日で、災難を受けやすい日と言われています。
そして、その災難を避けるための、丑の方角の守護神が玄武という黒い神様だったため‘黒いものを食べる’というおまじないが考えられ、うなぎやどじょう、黒鯉や黒鯛、なすなどの黒いものを食べるようになったとされています。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ