銀杏の食べ過ぎ注意!中毒の症状は?子供は特にッ!

秋ですね~~(*^^*)♪

秋といえば、「食欲の秋」!!笑
みなさんは、必ず食べる秋の食べ物は何ですか??jpvgwgvvvvvvv

わたしは、栗ご飯、柿、秋さんま・・・いろいろ必ず食べますが
秋の食べ物の中でも、必ず外せないのが銀杏です!!!!

みなさんは銀杏好きですか?(*^^*)

銀杏ってくさいから作るのは苦手・・・。
でも、食べるのは好き!!!!

という方も、多いのではないでしょうか♪

おいしいですよね!
・茶碗蒸し
・銀杏炊き込みごはん
・炒り銀杏
銀杏を使ったおいしい料理レシピは数多く、銀杏大好きなひとは病みつきになってたくさん食べるなんてこともあるのでは(*^^*)♪

しかし
そんな銀杏が、食べ過ぎると中毒になるんですって!!(+_+)

銀杏大好きな方は、要注意?!
特に、子供さんは気を付けたほうが良いそうです!!

ぜひ、読んでください~~~~~(>_<)!!

スポンサーリンク

銀杏の食べ過ぎ注意!何個までOK?

kifffffffffさて、銀杏の食べ過ぎは注意!!とのことですが、なぜ注意しなければいけないのか詳しくご説明させていただきます♪

銀杏は、昔から「スタミナ食」や「薬用」と言われており、とても栄養価の高い食材です。
しかし、銀杏を食べ過ぎると中毒症状を引き起こす危険があります!
・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・消化不良
以上の症状が出る他、もっと重い症状の中毒になることも・・・?!(◎_◎;)

では、銀杏は何個まで食べて良いのでしょうか。

食べても良い、適切な量としては

大人・・・30個まで
子ども・・・5個まで


とのことです!!

なかなか30個も食べることはないと思うので
大人は、現実的な個数だと思うのですが、子どもは5個までって・・・(・_・;)
ちょっと少なすぎる気がしますが、それも仕方ない重大な理由があるんです!!

 

銀杏の中毒症状は?

銀杏を食べ過ぎると、中毒を起こすことがあります!
その症状として、軽い症状は前にお話しした
・腹痛
・吐き気
・嘔吐
・下痢
・消化不良
ですが、重篤な症状の場合には、
・意識消失
・呼吸困難
・痙攣
・ふらつき
・ショック症状
などが挙げられ、最悪なケースも・・・。

中毒症状は、
軽度なものから重度なものまで、いずれも銀杏を食べてから1時間~12時間で発症します。

2010年には、成人女性が銀杏を60個食べ、嘔吐やふらつきなどの中毒症状が出たという事例がある他、
過去にさかのぼること第二次世界大戦の前後には、銀杏の食用による死亡の事例は多く報告されています。

それほど銀杏の中毒性は高いので、食べるときは個数を守りましょう!!

スポンサーリンク

特に子供は注意!

kkkkkfffffffff銀杏による中毒患者の8割以上が子供とのこと!!!

とくに、多いのが3歳未満の幼児だそうですよ!!

銀杏による中毒症状を引き起こすのは、子供のほうが圧倒的に多いんですね。

では、なぜ子供に中毒症状が多いのかというと
大人は、銀杏に含まれるMPNという有毒を解毒する酵素が肝臓に備わっていますが、子供(とくに小児)には、解毒機能が未発達なため、銀杏中毒を引き起こしやすいことが理由なんです。

とくに5歳未満の子供さんだと、1個の銀杏でも中毒を引き起こす可能性があります。
なので、はじめから銀杏を与えないほうが良いと思います

子供さんに何かあってからでは遅いですから(>_<)汗

 
最後に
pppppppdddddあんなにおいしくて癖になる銀杏ですが、毒性があったことに驚きましたッ!!
みなさんは、中毒を引き起こすかもしれない食べ物だったことをご存知でしたか??

小さい子供さんが、とくに危険とのことなので注意して、
与えるときは5個までに留めましょう!!

みなさんも、癖になるからといって食べ過ぎないように気を付けてくださいね~~~\(^o^)/

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ