Snapchat(スナップチャット)の特長と人気の理由とは?おすすめポイントを紹介!

若者を中心に絶大な人気を集めるSnapchatですが、何でそんなに人気なのだろう?と不思議に思うこと、ありませんか?

実はSnapchatの最大の特徴は「送った画像や動画が自動的に消える」ところです。

普通のSNSアプリには無い機能ですよね。

ではこの自動消滅の仕組みを含め、Snapchatの人気の理由を説明していきます。

スポンサーリンク

最大10秒で強制的に消滅?なぜ消えてしまうのか。その仕組みは?

Snapchatで撮った画像や動画はお友達に送る際、送信側が1〜10秒の間で消滅する時間を決めることが出来ます

写真スナップを撮るとタイマーのマークが出るので、ここで表示させる秒数を決めます。

%ef%bc%91

%ef%bc%92

受信側が開封するとカウントダウンが始まり、送信側が設定した時間に達すると消滅するという仕組みです。

面白い写真が撮れたから誰かに見てもらいたい、Twitterなどに載せる程では無いけどリア充な写真が撮れた…なんて思ったことありませんか?

Snapchatはすぐに消えてしまうので、見せたい人に短時間だけ見てもらえるという物なのです。

しかも受信側は保存出来ない様になっており、スクリーンショットをすると送信側に通知が行きます。

 

SNS疲れってご存知ですか?最近の若者のFacebook離れについて。

%ef%bc%93

個人差はあると思いますが、SNSを見てて疲れるなーと思ったことありませんか?

友達の投稿は、本当にいいなと思うものもあれば心底どうでもいいって思うこともありますよね。

実は最近、若者(特に10代)のFacebook離れが進んでいるのです。

理由として最も多いのは「他人のリア充アピールな投稿にうんざりする」というものです。

FacebookやTwitterの投稿はある程度時間が経過するまで目に付いてしまいますよね。

しかしSnapchatなら、たとえリア充アピールされたとしても最大10秒で消滅しますし、「いいね」などの機能も無いので変に気を遣う必要も無いのです。

スポンサーリンク

レンズを使って撮る写真が面白い!

Snapchatを始めようとしたきっかけは何でしょうか。

少なくとも私はSNSで見かける面白い写真を試してみたくなったことがきっかけでした。

好きな芸能人が使用していたから、流行っていたからなんとなく、という方もいらっしゃるとは思います。

しかし、誰かに送るわけでもないけど自撮りをしたり、友達と写真を撮るのって楽しいですよね。

Snapchatでは様々なフィルター加工が出来るのも特徴です。

自分の顔が犬になったりパンダになったり…または友達と顔を取り替えっこしてみたり。

しかもこのフィルターは日替わりで毎日追加されたり無くなったりします。

お気に入りのフィルターを見つけるのも楽しみになりますね。

また撮影した物にはスタンプを追加したり文字を入れることが出来ます。

%ef%bc%94

面白いフレーズを追加したり、ペンで絵を描いたり、よりオリジナリティ溢れる物を作ることが出来ますね。

 

チャット機能を使おう!他のメッセンジャーアプリとは違う、後腐れの無さ!

Snapchatにはチャット機能も存在します。

これは自分のフレンドとチャットをするもので、LINEなどと同様メッセージのやりとり電話ビデオ電話が出来ます。

%ef%bc%95

ですがここからがSnapchatの面白いところで、チャット画面から移動したりアプリを閉じたりすると全てのチャット履歴は消滅します。

 

ストーリー機能のメリットは?

Snapchatにはストーリーという機能があり、これはFacebookで言うフィード、Twitterで言うタイムラインと同じ様なものです。

10秒で消えてしまうのはちょっと…という時に使うといいですね。

ストーリーでは24時間経過すると追加したスナップは自動的に消えます

Snapchatの特徴の自動消滅がしっかり使われていて、なんとも憎らしいですね。

ストーリーはチャットの様に特定の相手に送るものではないので、公開範囲を設定しておくと良いでしょう。

 

最後に

Snapchatには今までのSNSアプリには無かった様な特徴がたくさんありましたね。

若者のSNS疲れによるFacebook離れが進んでいる中、Snapchatが人気を集めているのも分かった気がします。

SNSが他人の目が気になる「重い」ものから、すぐに消えて「気軽」に使えるものと言う認識に変わるのも近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

★★★皆さん以下の記事も読んでます★★★
マイナンバーTAP!TAP!4TAP!3

このページの先頭へ